初心者向け!WordPressのバックアップ方法、記事をエクスポートする手順

WordPressのバックアップとエクスポートの全工程

初心者向けでWordPressのバックアップが簡単にできる方法といえば、FTPソフトを使ってのやり方となります。ブログを運営してると、不測の事態に備えてバックアップファイルのデータを保存しておかないといけません。

同時に記事やカテゴリ、タグ、固定ページにコメントなど日々増えていくコンテンツも管理画面から落とすデータベースをエクスポートして一緒に保管しておけば復元のときにすぐに対処できます。

エラーが出たときや、外部からの攻撃を受けてブログを一旦手放さないといけなくなったとき、バックアップからの復元が必須になってきます。手元にブログの表示に関する情報のバックアップを置いて、いざと言うとき復元させる準備をしてくださいね。

スポンサーリンク

FTPソフトでローカルにバックアップをとる全工程!

ブログをネット上に公開するため必要なファイルを置いてる場所がレンタルサーバーです。そのファイルを自分のPC内、ローカルにも保存しておけば不具合があったとき、元通りに復元することができます。

サーバーのFTPには、WordPressのファイルが格納されてるんですね。そのファイルをPC内にダウンロードさせたり、PCのデータをサーバーにアップロードするのに便利なのがFTPソフトになります。

Windowsで使えるFFFTPソフトを例に挙げてバックアップのやり方を見て一緒にとっていきましょう。FFFTPソフトのダウンロードやインストール、初期設定が、まだなら見ながらサクッと設定を済ませてくださいね。

  1. FFFTPを起動後、ホスト一覧が出てきます。
    FFFTPのホスト選択画像
  2. 該当のブログ(私の場合『ビバ★りずむ』)を選んで『接続』をクリック。
  3. PC側のバックアップフォルダを確認してください。
    FFFTPのPC側の初期設定を確認

フォルダの中に、バックアップをとるフォルダを入れておくと便利ですよ。この画像は、1度バックアップをとったもの。初めての場合は、PC側はカラで真っ白ですね。

ちなみに、失敗する例は下記。PC側のフォルダのパスが『C:\Program Files (x86)\ffftp』となってる場合は、ひたすらバックアップはとれません。

FFFTPの初期設定が出来てないパターン

FFFTPの『ホスト一覧』の『設定変更』より下記リンクの『目次2.2:ローカルフォルダの初期フォルダの設定』をしてください。こうなる原因は、『目次4:FTP設定は完璧なのに、何故ダウンロードが終わらない!?』に書いてます。

LINK初心者のためのFFFTPの初期設定

次のバックアップファイルの保管場所を参考に再設定してくださいね。

バックアップファイルの保存場所はどこにする!?

ドライブする少年(ゴーカート)

いざバックアップをしようとしたとき、みんなどこに保存してるのか気になりますよね。私が保存場所に選んだのはDropbox。どのパソコンからアクセスしても、データを取り出せたり見ることができ、デバイス関係なく同期して保存してるから便利ですよ。

同じようなアプリは、Googleドライブ、マイクロソフトのOneDriveとも15GBと容量が大きくDropboxは1GBが標準で無料で使えます。参考までにWordPressのバックアップファイルの容量は、500MBほど見てたら十分、安心ですね。

LINKパソコンのバックアップに、無料のオンラインストレージ!クラウド上にデータ保存するのがおすすめ

バックアップするのはサーバーにあるフォルダデータ3種類

使ってるWordPressのプラグインとテーマ、アップした画像のデータを、サーバーからPCにダウンロードしてバックアップをとります。どこにそれらのフォルダが格納されてるか。それは、ドメイン→『wp-content』と開くと見つかります。

バックアップをとる3つのフォルダ名は

  1. plugins
  2. themes
  3. uploads

ここで大事なことは、サーバーとPCの位置関係です。以前に書いた通りFTPソフトは左側がPC側、右側はサーバーのフォルダ情報になってます。

FFFTPのスクショ。PC側左とサーバー側右のファイル情報と階層ごとにデータがある説明

ポイント!

画像の通り、pc側とサーバー側があるので、サーバーからPCへ移動させるのが、バックアップです。WordPress管理画面から更新した、あたらしい情報はサーバー(右)側にあることを覚えてくださいね。

FTPソフトでバックアップする方法

FTPソフトのサーバー(右)側フォルダを/ドメイン/wp-content/と選択して『plugins』『themes』『uploads』をPCローカル(左)エリアにビィーっとドラッグするだけで、接続してダウンロードを開始してくれます。

FFFTPサーバーからローカルへバックアップ

  • ロリポップでは、サーバー側は/ドメイン/wp-contentフォルダを選択。
チェック!

Xサーバーはドメインフォルダの下にもう1つ階層があります。でも選択するフォルダは同じで『wp-content』の中にバックアップしたい該当のフォルダ3つがあることを覚えておきましょう!

バックアップしたいフォルダを右クリックしてダウンロードする方法

バックアップをとるもう1つ方法。どちらでもすることは変わりません。該当のフォルダを右クリックをして『ダウンロード』を選択してもバックアップできるので、やりやすい方法でバックアップをとってください。

選択ファイルを右クリックしてダウンロードする方法

選択ファイルを右クリックしてダウンロードする方法

初めてバックアップするときは、結構時間がかかります。plugins、themes、uploads一括でローカルエリアにダウンロードしながら、PCで他の作業して約1時間弱かかりました。

データの量やPCのスペックによって時間それぞれでしょうけど、PCに結構負荷がかかるので放置するのが良いですね♪

チェック!

plugins、themes、uploadsフォルダ。これらのフォルダに何が入ってるか知ってますか!?その中身のファイルを、ざっくり初心者向けに説明してるので、この間にチェックしてみてはいかがですか^^

LINKWordPressファイル内の説明!簡易的なバックアップ方法

2回目以降のバックアップ方法

1度、PCにバックアップをとって2回目以降は、バックアップ時間がかなり短縮されますよ。1回目同様、各フォルダをダウンロードかドラッグ。

FFFTPでバックアップ、ドラッグ

ダウンロードの確認とでます。2回目以降は『新しければ上書き』を選択して『以降全て』で上書き保存してくれます。

ダウンロードの確認新しければ上書き、以降全てを選択

バックアップをとるタイミング。

時タイミング

バックアップをどのタイミングで、いつとれば良いか解りにくいですよね。ブログの更新をしたとき、カスタマイズを行なう前後にとるのが大切になってきます。

  1. ブログで記事を投稿した後

コンテンツを仕上げて公開した後にバックアップをとると、まさかの事態が起こっても書いた記事がなくなりませんから。※管理画面から記事をエクスポートする。

  1. カスタマイズする前

カスタマイズ前に簡易的バックアップでもとってると、カスタマイズ後に更新してブログが表示されなくなったとき焦らなくて済みます。※これから触るファイルを一時コピーしておくなど。

ポイント♪

バックアップの重要性は、エラーが出たら管理画面にすら入れなくなる場合もあります。初めのうち毎回FTPを使ってバックアップが良いです。

ちょっとしたカスタマイズ前の簡易的なバックアップ方法とバックアップの重要性を書いてますので、いっしょにご覧くださいね^^

  1. カスタマイズ成功後

カスタマイズがうまくいったあとにとっておく。※FTPソフトでバックアップする。

  • これがバックアップをとるタイミングです。私もつい横着してたまにエラーを出してしまうので、気をつけます(・∀・;)
  • HTTP500内部サーバーエラー(Internal Server Error)が出たらバックアップからの復元!バックアップが古い場合の対処法は上記を参考にどうぞ。

LINKWordPress初心者向けバックアップデータのファイル復元!データベースのインポート方法

WordPressの記事一覧など、エクスポート方法

エクスポート

WordPressで投稿記事やカテゴリやAboutなどの固定ページ、届いたコメントやピンバック、カテゴリやタグ、グローバルナビなどを一括でバックアップするには、ダッシュボード内の『ツール』より『エクスポート』をクリックします。

ダッシュボード内ツールよりエクスポートの場所

エクスポートする画面

『すべてのコンテンツ』を選択状態でダウンロードすると、『wordpress.1016-04-14.xml』みたいに『日付の入ったxmlファイル』がダウンロードされます。バックアップファイル一式を保管して必要に応じて復元できるよう備えておきましょうね。

ちなみにwordpress.1016-04-14.xmlファイルは月日が経つごと、コンテンツが増えるごとに重たくなります。

これらのバックアップをとる癖をつけないといけませんね。

復元するとき用、バックアップしておきたい箇所

チェーック!

復元したときに絶対必要なのは、パーマリンク設定などなどです。URLがドメイン/日付/投稿名/などにかわってしまうと具合悪いので、今のパーマリンク設定を記録しておかないといけません。ダッシュボード内をスクショやメモでもしておきましょう。

何もない新規WordPressに自分のページを復元するのに試してみました。上記のバックアップだけでは普段どおりに復元することはできません。以下の項目もチェックしてブログが消えてしまっても復元できるようにチェックしてください。

パーマリンクの設定

WordPressダッシュボードの『設定』より『パーマリンク設定』をメモする。

私の場合はカスタム構造の/%postname%/の設定にしてるので、投稿名になってる状態ですね。

パーマリンク設定画面

更新情報サービスping設定

ダッシュボード『設定』より『投稿設定』の『更新情報サービス』

ping設定をメモ帳などで残す。

Ping設定メモ

ツイッター、FB、Google+のアカウントとプロフィール情報

管理画面の『ユーザー』より『あなたのプロフィール』つい忘れがちで、ブログが消えたとき再度探すのは、いちいち面倒でもあるので、メモしておくと便利です!

kautakku、bibabosirizumu、Bibabosirizumudayoなどとメモ

プロフィール設定

※(Gush4など)テーマによってこの設定をしてないと、記事下ツイッターのフォローやプロフィール情報がブログで表示されません。テーマによりますので参考まで。

テーマの設定配色、アドクイックタグの設定など

『外観』より『カスタマイズ』背景画像などの配色をスクショやメモしておきたいです。ナビの位置やウィジェットなども結構面倒なポイントなので、チェックしておくと、復元するときにかなり時短になりますよ。

  1. アドクイックタグの設定も設定がなくなってしまうので、タグのエクスポート後にインポートしないと反映してくれなにので、チェックしてくださいね。
  2. その他

『外観』より『メニュー』を細かく設定してる場合は、再設定が必要です。ウィジェットの配置や、設定→メディア設定の『画像の幅』や『高さ』も気になるようなら、メモなど残してください。

何をどこに配置したのか、スクショを撮っておくと便利ですね。

その他のファイルのバックアップ

編集したファイル『.htaccess』や『robots.txt』『wp-config.php』などを個別にバックアップします。『wp-config.php』はデータベースの情報が書いてあるのでバックアップしてる方が良いのかも。

ドメインのフォルダ(WordPress)を一式バックアップするのは時間がかかってしまうから、最低限編集したファイルのバックアップはとっておきましょう!

ドメインフォルダ内にあるファイル例

最低限さわったphpやテキスト類は復元の用にローカルに保存することをお忘れなく♪

さいごに

WordPressのバックアップは、記事のエクスポートとファイルのダウンロードは最低限行ってくださいね。

その他のデータの保存もチェックしてメモしておくと、いざと言うとき役に立つので、バックアップデータと同様だいじに保存しておきましょう。

ブログが消えちゃったら、泣きたくなりますよね。PCにバックアップしてると安心です。ちなみに、サーバーのFTPのほかにも、MySQLって言うデータベースにもブログのデータがあって。参考データベース構造|WordPress Codex

ブログ始めたばかりの今は、そこにもデータがあって、そこからもバックアップがとれる。ってことを頭の隅にでも置いてるくらいが良いかもです。慣れたころにでも挑戦してください^^

それでは。かうたっくでした!

書いた人:かうたっく

何も知らない初心者ですが、WordPressでブログを始めました。 ブログの技術系でつまずいたエラーを経験したことからエラー関連を、初心者が初心者に向けて分かりやすい言葉で書いてます★子どもの喘息様気管支炎や、幼い子どもとの生活ページなどよく読まれる雑多ブログを運営中^^♪ご意見、感想、質問はお問い合せよりお待ちしています。

Twitterフォロー