そろそろ始めよっ♪WordPressデータベースのバックアップ!エクスポート詳細設定方法を、初心者がメチャクチャわかるよう説明

シェアする

WordPressのデータベースをバックアップする方法を、初心者がわかるよう説明します。phpMyAdminでエクスポートの詳細設定を行うとき、選択する項目が足りないと、復元のときエラーを出してインポートできないから、ハードルが高いだけ!

データベースをエクスポートしてバックアップをとるのは、ブログやサーバーを移行するときだけでなく、エラーが出たとき復元するのが目的です。

データベースに入るログイン方法が分からない場合。

phpMyAdminで見るデータベースMySQLの予備知識・バックアップのタイミングとあわせて下記を見れば、もっとスムーズに分かります。

LINKWordPressのデータベースMySQLって何?タンス?phpMyAdminログインの詳細から説明

データベースMySQLは、phpMyAdminで操作すると話した続き。初心者が困らず復元できるよう、バックアップをとれば安心です。データベースをエクスポートの詳細をチェックし、安心してインポートできるよう見ていきましょう!

初心者のためのデータベースバックアップ講座!

スポンサーリンク

データベースMySQLのバックアップをとる方法

上記リンク先の続き。WordPressのデータベース情報をPC側であるローカルに保管してバックアップを作り、困ったとき簡単に復元するため準備。

MySQLの管理画面phpMyAdminで、エクスポートをするときのポイントをチェックしましょう!

該当のデータベースを選び、エクスポート

phpMyAdminにログインしたら、左サイドにデータベース名があるので、クリックしてデータベースを選択します。

※データベース名らしき場所をクリックしても開かない・ツリー状になるのは、複数のデータベースがあるから。該当ブログのデータベースを選んでください。

phpMyAdminの管理画面データベース名選択

選んだものをエクスポートするので、次。『エクスポート』をクリック。

wordpress-mysql-13

または先にエクスポートを選んだら、下記のように該当のデータベースを選んでください。

エクスポートを先に選んだ場合このように該当のデータベースを選択

エクスポートを先に選んだら、該当データベースを選択

これで、該当のブログのデータベースをエクスポートする準備の始まり!バックアップをとるデータを、一緒に見ながら選んで行きましょう。

エクスポートの方法(Export method)の選択

エクスポートする方法を選択する

データベース”hogehoge”からテーブルをエクスポートとなってるのは、そのブログのデータを出力する画面です。

エクスポート方法で、簡易になってるものを、『詳細 – 可能なオプションをすべて表示』を選択し、全部のバックアップをとります。こうして万が一ブログが消えたとき、困らないよう詳細を選択するワケです。

またサーバー移行でブログのお引越しのときも、完全に復元できるんですね。

詳細を選択すると、沢山の選択画面が出てくるので、順番に見ていきましょう!

 テーブル(Tables)

phpMyAdmin:データベースのテーブル画面

phpMyAdmin:データベースのテーブル画面

テーブルの選択画面です。基本的に全選択された状態の、デフォルトのままOKで!

ロリポップ:ライトプランなど、同じデータベースに複数のブログが入っている場合。

テーブル名の前に入ってる接頭辞wp_・wp1_・hoge_など、wp_から始まるものはAブログのもの。wp1_がついてるもの全てがBブログのもの。となります。

容量に問題がある場合、後述。圧縮して出力すれば良いですが、それでもキツイ場合:後述。もし分かるなら、ブログ毎に分けて出力してもOK

データベースのバージョンは5.7と5.6のものでの説明となりますが、サーバーによって細かな表示は変わります。

出力について

データベースの出力の項目

データベースファイルの出力設定で、初心者的にも触りやすいところは圧縮の部分です。デフォルトだと重いとき圧縮すれば良いけど、インポートするときを考慮してチェックしておきたい面など、説明しますね。

画像はエックスサーバーの出力画面(データベースのバージョン:5.7.16)で、項目が多いですが、もっとシンプルなサーバーもあります。

ここでのチェック部分は下記!

ファイルのテンプレート・文字セットについて

  • ファイル名のテンプレート:@DATABASE@
出力するファイルを保存するときのファイル名

出力するファイルを保存するときのファイル名

データベースのsqlファイルを出力する際の「ファイル名を、データベース名が付いたファイルとして出力する。」と言うことです。保存後に変更もできますが、ブログ毎に分けてPCで保管すれば間違えないから、特に変更しなくても大丈夫!

  • ファイルの文字セット:utf-8

ファイルの文字セット:utf-8

ブログのデータベースの文字コードのことなので、絶対触らない!

文字コードUTF-8について、分かりやすく説明したのは下記です^^

LINKファイルをアップしてエラー!WordPressの文字コードUTF-8Nbomなしって何!?

圧縮。インポートできる種類で圧縮OK!

圧縮の形式:zip・gzip形式

圧縮の形式:zip・gzip形式

圧縮の形式:gzip・bzip・zip

圧縮の形式でちょっと注意事項!インポートの時、圧縮なしなら問題ありません。圧縮するとき、インポートしたいデータベースがどの形式のものかチェックしましょう。

確認方法は、超簡単!エクスポートの右隣りのインポートをクリックした箇所にあります。

インポートするファイルの圧縮形式の説明

ファイルは圧縮されていないもの、もしくは、gzip, bzip2, zip で圧縮されているもの。
圧縮ファイルの名前は.[フォーマット].[圧縮形式]で終わっていること。例:.sql.zip

注意が必要なのは、サーバー移行の時です。移行するサーバーのインポートするファイルの圧縮形式をチェックしないと、対応してなければ2度手間になりますから。

圧縮形式がbzip2は対応してない

このように対応してない形式があること。チェックしてください。

ポイント

インポートするとき対応しているgzipzipで圧縮するのがオススメ!

フォーマット:フォーマット特有のオプション

フォーマット・特有のオプション画面

フォーマット:SQL これはそのまま。

フォーマット特有のオプションは、

  • コメントの表示
  • 構造とデータ

となっていればOK!

  • コメントの表示:データベースをエクスポートするときの状態のコメント付き。
  • 構造とデータ:データベースの構造とデータを出力するってこと。

場合によって、上述のテーブル全選択画面で構造とデータの選択をする場合もあります。これらにチェックが入っていることが大事。

テーブルの選択画面で構造とデータにチェックがある場合

※データベースのバージョン:5.7.16 ※サーバー:ローカルにて確認

生成オプション:チェックが必要!

生成オプションでコマンド追加のチェック項目

サーバーの引っ越しでデータを移行する場合など、データベースが空だからエラーは出ません。

  • 運営中のブログに上書きして復元するとき、チェックをいれる
ポイント

運営中のブログの場合:生成オプションは、デフォルトではエラーが出る

データベースが空の場合、デフォルトで問題なし。

『DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENT コマンドを追加する』にチェックを追加

なぜ既存のブログでは、コレにチェックを入れないと、エラーが出るのか。データベースは同じ名前のテーブルを、複数つくれない仕様だからです。

空のデータベースにバックアップからインポートするときは、チェックが無くても問題ありません。または、違うテーブル接頭辞が付いたものはテーブル名は違うからインポートできます。

ポイント

DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENT の意味

データをインポートする時、そのデータベースのテーブルに同じテーブル名があれば、削除して新データを入れる。」と言う命令

この項目にチェックを入れたら、運営中ブログのデータベースのインポートが初心者的にスムーズ!

復元のとき、データベースにある既存のテーブルを削除する間は、ブログが表示されません。自分で削除するってリスキーで怖いハードルなので、これにチェックを入れてエクスポートすれば、削除してくれるので安心です。

CREATE TABLE オプション:IF NOT EXISTS

これにもチェック入ってるか確認してください。CREATE TABLE文は復元のとき、作ろうとするテーブル名とその内容を組み立てる際のオプションです。

「CREATE TABLE オプション」の「IF NOT EXISTS」をオンにします。この設定はデータベースの復元の際、すでにテーブルが存在した場合のエラーを回避します。

引用元:WordPress_のバックアップ|WordPressCodex日本語版

※エラーは極力出さないほうが良いので、もしチェックが入ってないとき、上述のDROP TABLE文とともにチェックしましょう!

Data creation optionsの内容

データをダンプするときに使うコマンド:INSERT
データを挿入するときに使う構文:

データベースをファイルに保存する時の命令INSERT:データ追加して、復元のとき、カラム名と文を複数行挿入のどちらも行うってこと。

これらは画像のとおり、チェックが入っていれば、問題なく困ったときに復元できるから、このとおりでOKです。

Data creation optionsの内容

エンコーディングへの変換と実行

エンコーディングへの変換と実行画面

これもデフォルトのまま実行します。実行したら、PCにデータベース名が付いたSQLファイルが出力されます。

データベース名が例えばbn_wordpressとしましょう。PCにはbn_wordpress.sqlと言うファイルが保存されるから、復元用のバックアップとして保管しておきましょう!

※FTPソフトでファイルを保存してる、ブログ名付きbackupフォルダに入れておくなど。

データベースの容量が大きい場合

データベースの容量:サイズが大きいと、サーバーのphp.ini設定のupload_max_filesize(ファイルをアップロードする最大値)以上に超えてしまいエラーが出てしまいます。

圧縮しても超える場合は、サーバーのアップロードサイズの値が小さい場合があるので、変更します。

※エックスサーバーは、もともと30M
※ロリポップは初期設定が2Mでかなり小さいので、『20M』に変更して『設定する』と保存するだけで対応できます。

php.iniの設定を変更したいとき

サーバーの管理画面にあるPHP設定:php.ini設定を開いて変更します。下へスクロールして、『そのほかの設定』画面で『upload_max_filesize』を変更すればOK!

php.ini-

詳しい設定は、下記リンクの目次2.1『WordPressのインポートでエラーが発生、アップロードしたファイルは php.ini で定義された upload_max_filesize を超過しています。と出たときの対処法』をどうぞ。

LINKWordPress初心者向けバックアップデータのファイル復元!データベースのインポート方法

ローカル環境のBitNamiの場合:upload_max_filesizeの変更方法

ローカル環境では、サーバーのような画面がないので、php.iniファイルを編集します。パスはデフォルトの場合:C:\Bitnami\wordpress-数字\php

※WordPressが入っているディレクトリの直下

phpと明記されてるファイルは沢山あるけど、ファイルの種類がINIのものを編集してください。

ファイル名は:php.ini-productionか、php.ini-development(どちらもで行っても同じ結果になる)

php.ini-productionファイルとphp.ini-developmentファイルの編集箇所は下記のとおり。

文字コードはShift-Jisで改行コードはCR+LFとなってましたが、上書き保存をクリックすれば、問題ありませんでした。※テキストエディタはAtomとTeraPadで試した

2つのphp.iniファイルのエラー箇所と文字コード

該当箇所は、私の環境では809行目にありました。その項目は下記。

upload_max_filesize = 2Mを20Mなどに変更。あまり大きくしたら、別の個所もサイズを大きくしないとエラーが出ます。ちょっと忘れたので、時間あれば検証して追記します。

データベースMySQLのバックアップが完了・まとめ

私の環境ではデフォルトに、下記のチェックをすれば問題ないありませんでした。

  • 圧縮の形式
  • DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENT コマンドを追加する
  • IF NOT EXISTS ※コレはデフォルトでチェック済み

あなたの環境でもデフォルトとの違いをチェックしてくださいね。

これでデータベースのバックアップをPC側に保存できました。チャントとれてるか、復元でエラーがでないかなぁ。と心配な場合は、データベースの復元を試してください。

サクッと復元できれば、バックアップファイルとして完璧です!

バックアップがとれたか、データをインポートする

バックアップファイルが完璧でなければ、意味がありません。復元するためにバックアップをとっているから…。

初心者だからこそ、データをうまくインポートできるか。ブログのエラーが出る前に試しておきましょう^^

さっきのファイルをインポートして実行。エラーが出なければ、大成功!

LINKWordPressデータベースの復元!インポート方法とテーブルデータのダンプエラー対処

成功したら、今後この方法でバックアップファイルを作成して、保管していけば問題ないですね^^

さいごに

WordPressのデータベースMySQLって何?ではバックアップのタイミングなども書いてますので、まだチェックしてなければ、あわせてどうぞ。

そこでも紹介ましたけど、WordPressは、データベースFTPにあるブログの本体ファイルとで出来てます。FTPソフトでブログの本体ファイルを、知らず知らずのうちに書き換えているファイルがあるのは、ご存知ですか?

画像の追加や、プラグインの追加・有効化・削除、テーマのカスタマイズCSSやPHPファイルですね。これらのファイルと他・大事なファイルのバックアップもお忘れなく!

この目次1:FTPソフトでローカルにバックアップをとる全工程!を参考にバックアップをとってください。

LINK初心者向け!WordPressのバックアップ方法、記事をエクスポートする手順

以上。かうたっくよりデータベース初心者さんに、バックアップは復元を簡単にするため❦と言うお話でした。記事を書いたらバックアップしましょうね^^

スポンサーリンクと関連記事

関連記事(広告含む時あり)

シェアする

フォローする

  • Follow Me →
スポンサーリンク
トップへ戻る