目のピクピクの対処法とその病名「ミオキミア」の症状!原因の1つは、ブルーライトの影響と長時間でのパソコン作業!

パソコンやスマホ画面、液晶テレビを長時間見てると、ブルーライトは目に良くないって事は今や常識!気になるブルーライトと目への影響。ただの疲れ目とブルーライトの影響はその状況によって変わります。

朝から夜まで(邪魔が入らない夜中は特に集中して)PCで作業を常時してたとき、睡眠時間のばらつきと、長時間ブルーライトを浴びてたのが原因で、目の下辺りがピクピクして気持ち悪い症状(ミオキミア)になりました。

目がピクピクした時に行った一時的、気分的に効果的な対処方法。ミオキミアや、ブルーライトによる目の影響や刺激について、解りやすく説明しますね。

スポンサーリンク

パソコン画面の見すぎで、目の周辺がピクピクしていたときの状況

時間さえあればパソコン前に陣取って、調べ物をして目を酷使していたのが大きな原因でした。昼夜問わず、暇さえあればやってたんです。そりゃ目も疲れるし、夜遅くの方が集中出来るので寝る間を惜しんでPCを触ってました。

あるとき目の辺りが、勝手にピクピク ピクピク動いて、勝手に動く感じが何とも言えない気持ちが悪い。意識してないのに動くのが3日くらい続いたんです。

そのとき目がやたらチカチカして、画面に書いてる文字が「にじむ」「ぼやける」で目疲れすぎかなぁ!?って休憩をちょっと増やしました。

一時しのぎの対処法

とにかく気持ち悪さから逃れようと、やった事は以下です。

  • パソコン画面明るさ色の調整

ちょっとは見やすくなるけど、画質が落ちた感じがしてそれ程効果なし。それどころか目よりも、パソコン画面の見た目が気持ち悪い。。何より目のピクピクが気持ち悪いから、その工程で目を酷使したくない。。

  • スマホ画面は、明るさを落とす事で目が楽

明るさを落とすことで、目への疲れは、即軽減されます。ただ外へ出るたび、画面が見えなくなるので、毎回設定を変える必要がある。

後は、普通に以下の通りです。

  • 目薬をいれる
  • 目の周りのツボを刺激
  • 遠くに視線を合わせる努力
  • 遠くの山、無ければ木等の緑を見る時間を作る
  • タオル濡らしてレンジでチン、暖かい程度にしてホットアイマスク

これらをやって3日目に直りました。これは気休めであったり、理にかなってる部分でもあります。その理由を後述しますねっ。

ピクピクの原因の1つ、ミオキミア!

目の周辺のピクピクは、一体何なのか!?と情報を探し、瞳孔括約筋と神経の関連から調べた結果、ようやく「ミオキミア」に辿り着きました!なぜ目がピクピクしたのか!?

目のピクピク「ミオキミア」の症状が、分かりやすく書いてるページを見つけたので引用します。

「突然まぶたもしくは目の周りがピクピクし始めて、しばらくするとおさまりますが、しばらくするとまたピクピクしはじめる。」ということが数日から数週間続くものでミオキニアと呼ばれます。

長い方では数か月続くこともあります。こういった症状のほとんどは治療をしなくてもおさまりますし、眼の障害につながることはありません。

ストレスが原因であると考えられています。ストレスといっても深刻なものではなく、寝不足や疲れでも症状がでるようです。

引用元:目の周りがぴくぴくする まぶたの痙攣(けいれん) « 松本アイクリニック(松本眼科):茨城県龍ヶ崎市(眼科・眼医者)

※一部改行だけさせていただきました。。

追記

「ミオキニア」や「ミキオミア」って呼び方って呼び方があるけど、元々英語での読み方の問題と、松本眼科さんが教えてくれました!

ビバ★りずむでは、よりメジャーな「ミオキミア」で統一します。2015/11/06

完全にこの症状と一致!

  • 寝不足と疲れ、目の酷使によるストレスでピクピク
  • 症状は、3日~数か月
  • 目の障害にはつながらない。

(他の病気の場合も考えられるので、平日に時間を作り病院で見てもらうのが安心!と、筆者は感じます!)

この症状になったからには、目への影響を少し考えてみないとイケないですねっ♪

ブルーライトによる目への影響とは!?

世間的によく見聞きするのが、長時間のPCやスマホでの作業やゲーム等してると目が疲れるって、「光:ブルーライト」を軽減したらマシなるらしいよねっ。って話を聞きます。実際みんな「らしい」とかの範囲なんですよっ。

医学的にはどうなんだろぉって調べても、やっぱりまだその関連性は、明確ではないんです。ただ、その可能性が大きいと考える先生も多数いるっと言った印象!

ブルーライトカットによる疲れの軽減度は、人それぞれ

大半は、「よく分からないけど良いらしい。って事で買いましたぁ!」って人が大半の中、「効果はよく分からない。」って声もチラホラ。どんな状況でその効果を判定したのか、よくわからないだけに『そんな人も居るのは確か』って状況ですね。

ほんとに眼が疲れてる(個人的に今、画面見てるのツライ…)時が、ブルーライトカットしたいって思う瞬間。と個人差はあるなか感じます。

実際、疲れが軽減してるツイートですね。長時間ブルーライトの眩しい光を浴びてたり、不摂生で弱ってるとき、ブルーライトカットめがめを掛けると、『目が楽に感じるのは確か』って事が伺えますねっ。

メガネのいい所は。どのデバイスにも対応してしまう所ですよねっ♪寝付きが変わる程ですから、このかたの眼の疲れの原因は、ブルーライトだった可能性が高まりますっ!

PC画面が写ってますけど、画像になるとギラついて眼が痛いですよねっ。長時間の作業して疲れ方が違うと感じるっ!恐るべしっJINS PC!!

ツイッターでのほんの一例でしたけど、長時間PCの作業をしてるなら、なおさら『目へのストレスの軽減効果はある。』と言えるのではないでしょうか。

これを見ると、専門科の先生の話を聞いてみたくなります。目の専門医さんのお話があったので、ブルーライトってどんなものかを見てみましょう。

専門家の考える「ブルーライト」による目の刺激と影響とは!?

シンポジウムなどで講演もされてる南青山アイクリニックの井手武副院長が下記でお話されてたので、見てください。

光のエネルギーというのは、波長に反比例します。紫外線を思い出してもらうと、日焼けしますよね。青い光というのは波長が短いので、エネルギーが高いという知識も覚えておいてください。

~ 中略 ~

青い光、波長の短い光というのは、波長の長い光よりも散乱しやすいので疲労を起こすのではないか。にじみ信号、もしくは収差によって調節反応を誘発することで疲労を引き起こすのではないか。そして長期間、もしくはエネルギーが高いと黄班変質などの眼疾患に至るかもしれない。

mRGC細胞関連でいいますと、瞳孔反応を誘発するということで疲れてしまうのかもしれない、長時間あるいは夜間の青色光曝露によって体内時計がくるってしまうかもしれないということが考えられます。

引用元:

 

もっと簡単に言ってみますねっ。

専門医が言うブルーライトを簡単な言葉で説明

  • 他の光よりエネルギーが高い(刺激がキツい)
    (逆に言えば、別の光より明るく感じさせる効果がある)
  • 他の光より散乱しやすい(ギラつきやすい的な)
  • 瞳孔反応を誘発する(瞳孔が収縮する)

ブルーライトは、他の光より刺激がキツくて、ギラギラさせる攻撃性(反面より広く明るくさせる効果)が高い光だから、より瞳孔を収縮させる光だとわかりました。

瞳孔の収縮は、眩しい光を見たとき、光を最小限に取り入れるよう、黒目が小さくなりますよね。それが常時続くって考えたら、解りやすいです。キツい光をずっと見て、黒目がずっと収縮…。これは目が疲れると、素人でも感じとれます。

先生が言ってるのは、一般的に触れられてる通り、眼精疲労の原因のひとつであって、光(太陽光に似てる意味)としての影響から、体内時計が狂う可能性のひとつって事。

上述した画面を見たとき感じる、目の疲れ。目のピクピク「ミオキミア」の原因と完全に一致すると、わかりました。ブルーライトをカットすると、目の疲れや「ミオキミア」に対しての予防になる可能性が非常に大きいって事が伺えます。

さいごに

ミオキミアになった私は、ブルーライトの影響が大きいのでは!?って思ったので、ブルーライトをカットする眼鏡、PCメガネについて眼鏡屋さんで話を伺ってきました。

  • ブルーライトをカットがすべき人
    「私のようなPCヘビーユーザー」
  • ブルーライトをカットの効果が分からない人
    「PC等のブルーライトが原因ではない」
    「寝不足や、疲れからの目の疲れ」
  • 人によってブルーライトカット効果の感じ方が違う

っと言う結果に落ち着きました。

ブルーライトをカットする『PCメガネ』を試した結果、PCメガネを付けてる方が目が眩しさ面で楽っと言う結果がでました。

JINS PCのブルーライトカットメガネを試着して買いたくなったので全力で調べたページが参考に、なります。

PCメガネ買うなら、まずは情報を♪

現在、ミオキミアっぽいなっ!って思ったあなたに、PCでの作業、お疲れ様です。レンジでチンしてホットタオルは気持ち良いですよっ♪

ピクピクは、気持ち悪いですけどPCメガネも万能ではないですから、目を労わってあげてくださいねっ♪

それではっ!かうたっくでしたっ♪

書いた人:かうたっく

何も知らない初心者ですが、WordPressでブログを始めました。 ブログの技術系でつまずいたエラーを経験したことからエラー関連を、初心者が初心者に向けて分かりやすい言葉で書いてます★子どもの喘息様気管支炎や、幼い子どもとの生活ページなどよく読まれる雑多ブログを運営中^^♪ご意見、感想、質問はお問い合せよりお待ちしています。

Twitterフォロー