WordPressでコンテンツ部分だけの親要素を作る!カスタマイズするとき本文以外、装飾を反映させない方法

シェアする

WordPressで自分が書いた文章だけをカスタマイズして装飾を反映させたいとき、それ以外には反映させたくない場合があります。

例えばリンクaタグの装飾など、コンテンツ以外にもたくさん使われているので、他の部分に反映させたくない場合です。そこだけ反映させる親要素を作ると簡単に装飾できます。

コンテンツを出力している部分を親要素で囲みかたをサクッと書いていきますね!

スポンサーリンク

コンテンツのみを出力しているタグ<?php the_content(); ?>を探す

WordPressのテンプレートファイルとブログをじっくりみてるとループ内に、<?php the_content(); ?>というテンプレートタグが、調べたテーマの中で多く使われていました。

get_template_part('namae')のというWordPressの関数の場合もあるかもしれませんが…。namaeは、コンテンツの親要素名です。

このタグが投稿画面で文章を書いた部分を出力しているタグなので、そこをdivで囲めば、コンテンツだけ反映するカスタマイズが出来ます。

カスタマイズしたいテンプレートを編集

投稿ページのコンテンツの部分のみに親要素を作りたい場合はsingle.phpを、固定ページのコンテンツにはpage.php編集をdivで囲めばOKです。

念のため簡易的にでもバックアップをとってから^^

  1. :個別投稿 (single.php)を編集します。
    • 個別投稿ページ (page.php)
  2. <?php the_content(); ?>をdivで囲んであげる

<code><?php the_content(); ?></code>をdivで囲む

こんな感じで、上書き保存。セレクタは

single.phpとpage.php両方divで囲むなら、<div class="entry-content">
<div class="page-content">とクラス名を変更してあげればOK!またテーマで使ってるクラス名とかぶらないようにすれば完成です^^

こうすれば、コンテンツのみ反映するカスタマイズができるから、便利かなと。

さいごに

親要素を付けない場合は、反映させたいコンテンツ以外に反映してしまったaタグやpタグなど、CSSで初期化するのもありかと思います。

ちなみにテンプレートを眺めていて気付いただけなので、こざっぱりした内容ですね^^;

それでは、かうたっくでした!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

  • Follow Me →
トップへ戻る