WordPressのサブドメインでテスト環境を作る手順!&ちょっとした知恵的なの

レンタルサーバーのサブドメインでのテスト環境として、WordPressをインストールして構築する方法です。ローカル環境と同じように人に見られない、検索エンジンにインデックスされないよう、そこにひと手間加えてあげることが大切です。

WordPressは便利なプラグインも豊富で、WEBページを参考にファイルを触って、簡単にカスタマイズもできます。半面、いつエラーが起きるかわかりません。

ローカル環境(PC上)でWordPressを構築するか、WEB上のサブドメインで検証してもどちらでも良いです。テスト環境を持つメリットや、構築のときやって欲しいことなど、書いていきますね。

スポンサーリンク

なぜテスト環境が必要なのか

実験

WordPressは初心者でもカスタマイズが出来るし、欲しいプラグインも見つかります。プラグインとテーマのfunctions.phpの内容が同じだと知らずに、インストールすると競合してエラーを出すこともあるんです。

プラグインの導入ですぐエラーが出る場合・時間が経って競合する場合、またphpでの記載ミス、アップロード時のちょっとしたミスでも、エラーが出ます。

それを自分で直さなきゃダメなんです…。突然画面が真っ白になって管理画面に入れない。その対処に時間かかってしまうと、その間ブログが表示されないです。

LINKHTTP500内部サーバーエラー(Internal Server Error)の意味とは?誰もが理解出来るかもページ

エラー起こして大変だねって思うのは、ホンのひと握り。ユーザーさんは、なぜ表示されないのか解らず時間を費やしたり、また別のページを見るから当分訪問することもないでしょう。

直せない間、収益にもつながらない。そうならない為にテスト環境を作るんですね^^

ローカルとサブドメイン、テスト環境を作成する違い

WordPressの構築はPC上(ローカル)でもでき、サーバーの容量を気にせず簡単にテストページを構築することが可能です。サーバーと同じようにディレクトリ(ファイル格納スペース)もあるし、データベースまで付いてきます。

LINKWordPressローカル構築はBitnamiをインストールして日本語化する!初心者が出来る全手順公開!

ローカル環境でのスマホ表示の確認も、Chomeのデベロッパーツール要素の検証を使って、確認も可能です。

『サブドメイン』を使うと、アカウントとパスワードを入れたらサブPCほか、どのデバイスでも場所を問わず繋げるのがメリットで魅力でもあります。

細かいところをあげれば、エラーを出したときエラーファイルまでのクリックの工程が少ない。サーバーのFTPを直接触り慣れてる。など、個人的にありますけど、そこはFTPソフトの設定してローカルで登録しても良さそうです。

しいて言えば下記が大きなメリットかもしれません^^

ポイント
  • 公開できる状況(困ったとき見せることが可能)
  • 困ったとき、レンタルサーバーに相談できる

テスト環境をサブドメインで作る工程

テスト環境の作り方は、サブドメインの作り方と同じです。

  1. レンタルサーバーのFTPにフォルダを作成
  2. DNSにサブドメインをセットアップ
  3. WordPrees簡単インストール

ざっくりこんな感じで簡単にできます。どのサーバーでも似た感じでしょうが、ロリポップでサブドメインのテスト環境を作る具体的な説明をしますね。

サブドメインの簡単インストールまでの工程(ロリポップ)

ロリポップのサブドメイン設定

ロリポップ!ユーザー専用ページにログインして、公開フォルダを作成します。『独自ドメイン』を選択後、『サブドメイン設定』をクリックして、『新規作成』をクリックすると設定が出来ます。

サブドメイン設定新規登録

【公開(アップロード)フォルダ】は、【サブドメインと同じ名前】にするなど、他のものと被らないようにフォルダ名をつけてください。例えば『test』でカブらなければそれ、または、test.ドメイン(私ならtest.bibabosi-rizumu.com)など。

LINKロリポップの公開アップロードフォルダ設定の間違いが原因!サブドメインを簡単インストール後にブログが404ページに

  • ムームードメインコントロールパネルを開き設定する。

ネームサーバーのセットアップを利用中のサーバー『ロリポップ』にチェックを入れてセットアップを済ませたら、簡単インストールに入ります。認証に失敗しましたと出たら下記を参考にしてくださいね。

LINKロリポップでネームサーバー認証に失敗しましたと出た時の解決法!ムームーDNSのセットアップを完了させる手順

簡単インストールのとき1つだけ注意があって、本番と同じコンテンツを使いたい場合は、重複コンテンツ(パクリ)扱いになっては困ります。テスト環境構築の場合』は、ネット上に公開させないようにしましょう♪

  • インデックスさせない』ようにチェックを外す

ロリポップの管理画面。WordPressの簡単インストール:ノーインデックス

サブドメインをインデックス(公開)させない設定

レンタルサーバーのWordPressの設定で『インデックスさせないように』し忘れても平気です。WordPressダッシュボード内の『設定』より『表示設定』を開くと、『検索エンジンでの表示』とあります。

WordPressダッシュボード内のnoindex設定

そこの『検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする』にチェックをして変更を保存すれば大丈夫!こうすれば、robots.txtに『クローラー来ないでっ!』と、指示を記載するのでクローラーは訪れません。

※これでインデックス(公開)されない。なぜそうなるかは、見出しの検索エンジンの仕組みの説明をご覧ください。

この意味は、『全ての(*)クローラー(User-agent)に対して、指示を出しますよ。全てのディレクトリ(/)このブログに、クロールしてこないで(Disallow)ね。』これは、自分で設置しなくても勝手に設置されるので便利です。

そのコードの確認方法や、その他の説明もろもろは下記に書いてます^^

LINK初心者向けで!robots.txtって何かを説明

上記リンク先にも書いてますけど、いう事聞かない質の悪いクローラーもいるので、念の為ヘッダーに、ノーインデックスを入れたら安心です。入れる場所は、下記画像のとおり<head>から</head>の間に入れます。

head内にメタタグを入れた例

head内にメタタグを入れた例

これで、インデックスされない状況が完成です!

プラグインを使って、テスト環境のコンテンツは見せない

URLを教えなければ、誰にも見られない状況だろうけど、実はリンクが見えちゃう事があります。そのリンクを見て、何コレ?とユーザーがそのリンクを踏んだらアクセス可能だったら、テストブログが見えてしまうんですね。

  • 見られたくなければ、誰にも見せない状況を作ればOK!

ブログにログインしないとブログを表示させない、テストページにアクセスしたらログイン画面を出すプラグイン『No Login Redirect』を導入します。管理画面のプラグインの説明は、『非ログイン時、ログイン画面にリダイレクトさせる』とあります。

LINKwp-nologin-redirect|WordPress.ORG日本語/プラグインディレクトリ

導入は、WordPressの管理画面より、

  1. プラグイン
  2. 『新規追加』をクリック
  3. キーワードに『wp-nologin-redirect』と入力
  4. 『今すぐインストール』をクリック

wp-nologin-redirectプラグインを有効にする設定画面

  1. その後『プラグインを有効化』をクリック

以上でOK!もっと詳しいことを書いてるのは、わいひらさんのページです。このページを公開されてから、プラグインをチェックしてたので使ってます。

LINK公開前のWordPressサイトをパブリックに晒したくないときは「wp-nologin-redirect」プラグインがよさそう|寝ログ

wp-nologin-redirectと競合してエラーが出るのはログイン系のもの

このwp-nologin-redirectプラグインは、ログイン系のなので他のログイン系『簡単にセキュリティ対策ができるSiteGuard WP Plugin』と競合を起こして302 Moved TemporarilyエラーでURLが無限ループをおこしたことがあります。

でもセキュリティ強化と、人に見られないプラグインはエラーが起きる場合があるから、どちらか外そうと考えなくてもいいと思いますよ^^

誰にも見られないのでエラーを出しても平気だし、焦らず直せば良いだけですから。それより見られないほうが良い&セキュリティ強化として、どちらも入れてます。

テスト環境で使える!サンプルが入ったテーマユニットテストデータ

テストページの使い方はそれぞれですけど、これから自作のテーマを作ってみたいとか、そんなの全くわからないけどゆっくり勉強してみたいなら、テストブログにサンプルのデータを導入するのがオススメです。

  • 番号なしリスト番号付きリストその中の番号なしリストが、どのような表示をするか
  • 極端な例で長いタイトルや、たくさんのカテゴリ、タグがある場合のサンプル
  • 回り込みテスト
  • いろんな表示や配置のテストのサンプルなどなど数十個ある

これらのテーマユニットテストのコンテンツ導入に興味があれば、データファイルをインストールしてテスト環境に導入してはいかがでしょうか^^

外部LINKWordPressテーマユニットテストデータ日本語版を更新したよ!

本番環境のデータを移行する

サブドメインでテスト環境ブログを作ったら、本番環境のバックアップファイルのデータを移行させるのが早いので、手順を紹介しますね。

※データベースが1つしかないサーバーのプランなら、MySQLを使わずこの方法でしか移行できません。

FTPソフトで、バックアップデータからテスト環境へ移行

本番環境のデータをバックアップしたものを、ダウンロードしテスト環境にアップすればOKです!

  1. pluginsフォルダ
  2. themesフォルダ
  3. もし画像ファイルもサブドメインで表示させたいなら、uploads

※3の画像ファイルは、特に目的がなければ不要。

移行は、この2つのフォルダだけでOK!まずは本番ブログのバックアップを(間違えず)とってくださいね。

下記リンクは普段のバックアップだけでなく、復元に必要なバックアップも合わせて紹介してます!

※テスト環境構築するので『.htaccess』や『robots.txt』『wp-config.php』の移行は必要ありません^^

次の見出しの内容に、合うことも書いてるので参考まで。

どうぞ(o^ー’)
LINK初心者向け!WordPressのバックアップ方法、記事をエクスポートする手順

データベースの設定も同じようにしたい

  • ウィジェットや、広告、記事を入れたい場合は、既存のモノ見ながら設定する
  • アドクイックタグを使いたい場合
    1. 設定よりアドクイックタグを選択
    2. 下へスクロールしてエクスポート
    3. サブドメインのテストページにインポート

※サブドメインに広告を入れても、アドセンスに認証されてます。もし不安ならサブドメインを認証することも可能です。※独自ドメインで新たにするなら、この工程はしておきましょうね。

  • アドセンスの認証されたサイトを追加する工程
    1. アドセンスにログイン
    2. 右上設定をクリック
    3. 左側『サイトを管理』
    4. 画面右の縦点3つをクリック
    5. サイトの認証をクリック
    6. サブドメインを追加

管理画面の設定で触らないもの

触ったらダメなものを一応、書いておきますね。

ダッシュボードの設定画面で触ると面倒になるものは『一般』の『WordPressアドレス』、『サイトアドレス』のURLです。これは触りません^^

サブドメインをテスト環境として使うのが目的なので必要ないのは、更新の情報サービスのping設定、検索エンジンでの表示のインデックスしない設定あたりは、触らなくってもOK!プロフィールとかもですね。

この機会にいつでも復元できるように、バックアップをとっておきませんか!?それから復元は、確認しながらしてくださいね。

LINKWordPress初心者向けバックアップデータのファイル復元!データベースのインポート方法

さいごに

何度もバックアップは沢山とって来られたと思います。でも復元はエラーが出ない限り滅多にしないことなので、慎重にやってください。独自ドメインとサブドメインを間違えてアップロードしたら、焦るでしょうしね(´ー`)

本番でエラーが出たとき、何をしたら良いか知ってますか!?バックアップファイルからの復元です。けどプラグインが原因なら、

  • プラグインを切る、または該当プラグインの削除。

テーマの編集でphpを触ってエラーがでた時、一瞬で表示させる方法。おまけ

FTPでエラーが出たテーマの名前を変更したら、別のテーマが表示されるって知ってましたか!?

そんなテーマはありません。ってことで、一時エラー画面からバイバイできて管理画面に入れますよ。

  • 別のテーマを準備しておくのも手!って話^^

その後、名前を元に戻してゆっくりバックアップデータからの復元したり、該当箇所を直せばOK!

機会があればページを書くとか?…(*´з`)

LINKHTTP500内部サーバーエラー(Internal Server Error)の意味とは?誰もが理解出来るかもページ

こんなことも出来ちゃうってお話です(*´▽`*)

サブドメインでテスト環境を作る手順と、その関連は以上です♡ではっ、かうたっくでした!

書いた人:かうたっく

何も知らない初心者ですが、WordPressでブログを始めました。 ブログの技術系でつまずいたエラーを経験したことからエラー関連を、初心者が初心者に向けて分かりやすい言葉で書いてます★子どもの喘息様気管支炎や、幼い子どもとの生活ページなどよく読まれる雑多ブログを運営中^^♪ご意見、感想、質問はお問い合せよりお待ちしています。

Twitterフォロー