500 Internal Server Error(HTTP 500 内部サーバーエラー)アクセスした画面がエラー、閲覧者用説明

色んなhttp500エラー画面

アクセスした『情報サイト(ブログ)やSNS・動画サイト・ゲームやメールなど』に、『500 Internal Server Errorとか、500 ERROR Internal Server Error、500サーバーエラー、内部サーバーエラー、HTTP ERROR 500、HTTP 500…など』表示されたのは『なぜか』を説明。

これは情報提供者・運営者・サイトオーナー側のエラー(問題)が発生したとき、表示されるエラー画面です。訪問者はアクセスしようと、クリックしただけで500エラーが表示されている状態…。

サイト・ブログ運営者用は、原因と解決ページへどうぞ。

LINKHTTP500内部サーバーエラー(Internal Server Error)の原因・解決方法

上記は技術的なことなので、訪問者さんやサイト運営初心者さん用にhttp500エラーを説明しますね^^

スポンサーリンク

HTTP 500 内部サーバーエラーとは?

ブログ・サイト・ゲーム・動画・SNSなど表示しようとした画面を『提供しているオーナー・運営者サイド』が契約・使用している、『(アクセスしたページの情報を画面(ブラウザ)に表示させる場所サーバー内部』でのトラブルです。

  • サーバー内部』で技術的なトラブル発生
    • 例えば、プログラムに異常があり処理できない…など
    • 表示されるべき画面が表示されない
    • その状況を知らせる為のコードを表示している
    • 500 Internal Server Error(サーバー内部のエラー)画面を出ている状態

500』という数字は『ステータスコード』と言って、アクセスした画面(情報)を表示しようとしたけど、表示できない理由を数字で表してます。※500番は『サーバーの内部で起きたエラー』の意味。

ほかのコード、例えば404番は『表示したくても、そもそもページが存在しない』という意味で、数字で状況をあらわすワケです。下記で詳しく説明してます^^

LINKヤバイ!初心者向けで凄い解るHTTPステータスコード301.403.404.500等の意味

見たいページに500 Internal Server Errorがなぜ表示された?

その原因は大きく分けて2つあります。

  1. サーバー内部が不安定になり、エラーを表示する場合
  2. 運営者が情報の置いている『サーバーのプログラム内のエラー』
  • さらに。閲覧者側の問題の場合も、たまにあり。

サーバー内部が不安定になっている状況と、プログラムのエラーとはどんな状況か、自分の環境に原因があるかもしれない場合など。順番に説明しますね。

断続的・途切れとぎれに500 Internal Server Errorが出る状況

サーバー内部で負荷が増大し安定供給できないパターン

  • 同時アクセス増大・アクセスが多すぎて負荷がかかった場合など。

同一サーバー内で運営している(複数)サイトの、利用者が膨大になったため、運営者のサーバー側で閲覧制限をかけざる得ない状況。

たまたま制限された場合、閲覧ができない。エラー画面を見る羽目に・・・。

  • はいれたり、はいれずエラー画面が表示されたり。
  • 断続的にエラー画面が出る

それぞれ状況はちがいますが、膨大にある原因の1つとして断続的にエラーが続く場合は、ざっくりこんな感じです。サーバーによって、ステータスコードを500番を返す場合と503番にされている場合がある。

また別のパターン、断続的ではない場合は次。

運営者側の『サーバー内部でのプログラムエラー』を訪問者に説明

管理者の更新で500 Internal Server Errorが発生すパターン①

運営者側の管理画面やサーバー上での更新時にエラーが出た場合、うっかりボンミス系。

  • コードの書き間違えに、気付かず更新した。
  • 導入した新機能が現状のものとあわず競合、ケンカした
  • 何らかの更新をしたタイミングでエラーがでた

この原因の特徴は、運営者が500内部サーバーエラーの原因をつきとめ、解消することで表示されます。※エラーが解消するまで、このエラー画面が出っぱなし。

ページに入れなくて不便ですが、、どこかでエラーが発生して直すために頑張ってるんだぁ…。。と、軽く思ってください^^;

ポイント

書いたプログラム内容・文字コード・転送方法など…間違ったまま更新してエラーが出ている状態。

運営者が問題を解決するまで、ひたすらエラー画面が表示される。

閲覧者は、再度表示できるのを待つホカない❦

次は『たま~にあるであろう』閲覧者サイドの問題について。

使用しているブラウザ画面の問題

運営者サイドのトラブルではないときも、まれにあります。簡単に改善させる方法からご紹介。

  • ブラウザの更新・リロード。これで表示されるとき
  • 出しすぎたタブやウィンドーを消す
  • 再起動する
  • ブラウザをEdgeからChromeなど普段使わないものに変えると表示するとき
    • キャッシュやcookieが原因で、削除ポチッとすれば表示される場合
  • あとはプロバイダーなどの回線を見なおす

これらは下記を参考にどうぞ。

LINK普段見てるページにエラー・不具合があったとき、試してほしいこと

  • OS(Windowsなど)のアップデートやアップグレードで具合が悪い場合
  • ブラウザをアンインストールして再度インストールしなおすなど

以降。ツイッターやYouTubeの内部サーバーエラー(500 Internal Server Error)が出た状態を例としてご紹介^^

ツイッター、サーバー内部のエラー

ツイッターで(特に夜)ちょくちょく発生する、『サーバー内部のエラー』『技術的な問題が発生しています』と表示されます。

ツイートしようとしたときは前者『サーバー内部のエラー』と書かれが画面が表示され、ツイッターを表示するときは後者『青い画面』が表示されます。

Twitterの技術的な問題が発生しています。

Twitterの技術的な…http500エラーの表示画面:小さい画面バージョン

  • ツイッターを表示するサーバー内部が不安定になってるのが原因
  • 更新すればすぐ表示・何度かツイートを試せば送信される

見出し:『断続的・途切れとぎれに続くエラーの場合』にあたりますね^^

またか…と思う他ないですが…。エラーが出たり、通信できたり繰り返す場合は、負荷の可能性大!とでも思うと分かりやすいカモ^^

YouTubeの500 Internal Server Error

YouTubeでも似たような状況が起こります。

500 Internal Server Error

Sorry, something went wrong.

A team of highly trained monkeys has been dispatched to deal with this situation.

If you see them, send them this information as text (screenshots frighten them):

上記のYou Tubeの500 Internal Server Error画面を翻訳すると下記。

500 内部サーバー エラー

申し訳ありませんが、何かが間違っていた。

高度な訓練を受けたサルのチームは、このような状況に対処するため派遣されました。

それらが表示された場合にこの情報を送信テキストとして (スクリーン ショットは、怖がらせ)。

詳しい状況はYouTubeのエンジニアしかわかりません。断続的にエラーが表示されるなら、負荷に耐えるため、エラー画面が表示されているのかも知れません。

ずっと500内部サーバーエラーがずっと表示されていれば、YouTube『500エラー画像の工具をもったおサルさん(エンジニアチーム)』が出動して対処しているかも^^

後者の『おサルさんが、すぐに気づけば』表示されるまでに、時間はかからない気がします❦

星の数ほど原因があり、他にも原因はあるけどザックリ、こんな感じです。(生)暖かく見守ってみましょう…^^;

 メールでHTTP500内部サーバーエラー

メールでのhttp500エラーが出てお困りの方もいらっしゃいます。メールでこのエラーの場合、メールを扱う運営者が契約しているサーバー内部のエラーでしょう。あなたに出来ることはキャッシュ・cookieを切ってみることです。

LINK普段見てるページにエラー・不具合があったとき、試してほしいこと

このHTTP500エラーの範囲は凄く広いけど、500番台はメールを管理している会社管理者が契約している場所(サーバー)内部でのエラーで、訪問者のできることは『回復を待つ』ということ。

自分のPC・スマホの不具合ではないか知りたい場合は、上記リンク先cookie・キャッシュの削除を試してみてください。それでも反映されない場合はHTTP500がでて…。と管理者サイドに問い合わせてみるのも手です。

LINKヤバイ!初心者向けで凄い解るHTTPステータスコード301.403.404.500等の意味

滅多に起きない事だし対応に追われてることでしょう。大きな会社での運営でしょうから、障害情報などリンクがあるかもしれません。

  • 原因や障害情報がないかチェックしてみてくださいね。

さいごに

どんなエラーがあるかは、HTTP500内部サーバーエラー(Internal Server Error)でご確認ください。

ちなみに今こうしてブログを読んでいるとき、ステータスコードは200番をブラウザの裏側で返しているんですよ。これはきちんと表示できている意味のコードです^^

他にも転送して表示したなどあるので、興味があればどうぞ!

LINKヤバイ!初心者向けで凄い解るHTTPステータスコード301.403.404.500等の意味

500エラーを目にする機会は増えたかも知れませんが、滅多に起こりません。起こっても修正方法をしていればすぐに元に戻ります。

LINK簡易的バックアップ!初心者用WordPressファイル内説明と、5秒で復元する方法

あなたもWordPressでブログをはじめてみませんか?レンタルサーバーとブログの住所であるドメインを登録すれば、あなたオリジナルのブログが作れて、楽しいですよぉ^^

LINKエックスサーバーで新規WordPressの作り方!アカウント作成・独自ドメインの登録手順

それでは、かうたっくでした!

トップへ戻る