WordPressテーマ変更!SimplicityからCocoonへ

WordPress初心者の疑問!バックアップ・エラー対処・復元のQ&A集

スポンサーリンク

文字がerrorの画像WordPressでエラーが出たとき復元する方法、バックアップについての疑問、バックアップがないときの復元、特殊なエラーなどを、Q&A方式で全力回答したページです。

データベース関連・データベースと本体ファイル関連・本体ファイル関連とにわけてます。分かりにくい場合は、質問してくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  1. WordPressのデータベース関連
    1. wpで作成したページが消えた バックアップから復活させる方法
    2. データベースのバックアップがないときの記事復元
    3. ゴミ箱が空。ごみ箱の記事を復元
      1. ゴミ箱に移動した投稿が消える
    4. wordpress 復元 url
      1. データベースのバックアップをとったとこがない場合
    5. wordpressが復元されない
    6. wordpressディレクトリのどこに、記事データがある
  2. データベース・WordPress本体ファイル(FTP)関連
    1. データベースがあるのでバックアップは必要ないのか
    2. wordpressでftpを使わなくても
    3. サブドメインの復元
    4. 簡単ワードプレスデータ削除後の復元方法
      1. WordPress最低限のバックアップ
      2. FTPで削除済みファイル・フォルダの復活
    5. サーバーからバックアップデータをとる方法
      1. 500内部エラーでバックアップをダウンロード
    6. wordpress バックアップとってない エラーが出る前にもどす方法
      1. テーマファイルの更新:バックアップとってない 関数 バグ
  3. WordPress本体ファイル(FTP)関連
    1. .htaccessファイルを間違って削除した時の対処
    2. WordPressブログにアップロードした写真はパソコン上に必要ない?
    3. バックアップファイル _single.php
    4. エラーでバックアップ。ftpが転送できない
    5. wordpressメディア復元方法
    6. 親テーマのバックアップ方法
    7. FTPからサイト復元
    8. WordPressの外観 テーマを復元
  4. wordpressバックアップ後、管理画面に入れない
  5. さいごに

WordPressのデータベース関連

wpで作成したページが消えた バックアップから復活させる方法

WordPressで作成した『記事が消えた』ということですね。記事はデータベースに保管されてるので、どのバックアップを使ったか、2パターンあるので、チェックしてください。

  • データベースMySQLのバックアップをとっている場合

LINKWordPressデータベースのバックアップ!エクスポート詳細設定方法

WordPressデータベースの復元!インポート方法で復元可能です。

ただしデータベースが古い場合で、httpから始まるアドレスなら、ローカル環境にテーブル:wp_postsのみ選択してインポートし記事を復元。

※httpsの場合は、サブドメインでテスト環境を作って行う。

消えた記事をコピペで復元して画像などあれば、キチンとメディアに格納されているか確認してください。メディアに無ければ、再度、アップロードする。

  • ダッシュボードのツールからxmlファイルでバックアップしている場合

WordPressのダッシュボード、ツールよりエクスポート。下記、見出し『WordPressの記事一覧など、エクスポート方法』。

LINK初心者向け!WordPressのバックアップ方法、記事をエクスポートする手順

インポートのとき記事が重複すると面倒なので、ローカル環境で記事を復元、該当のものをコピペで移動するなど…。メディアに関して上述どおり。全ての記事が消えたばあい、そのまま本番環境に復元インポート。

データベースのバックアップがないときの記事復元

WordPressの記事など、1度もバックアップをとった事がない場合。

  • feedlyで全文を公開してたら、そこから手動で復元
  • Google検索で古いキャッシュ情報を表示

    タイトルでGoogle検索し、検索結果にあるアドレス横の▼三角をクリックし、キャッシュを利用して復元

  • https://archive.org/web/にアドレスを入れ、1つずつ手動で保存された記事を復元

参考までに、2017/12/14記事を追加しました。

LINKバックアップがないのに全削除したWordPress復元!記事・画像・CSS・パーマリンクなど

  • サーバーにお金を支払って復元してもらう

今、思いつくのは、この4つの方法での対処ですかね。

  • 旧リンクを使いたい場合
    • 新規パーマリンクを作って301リダイレクトで新リンクに転送すれば、過去についたリンクの対策や404対策になる

LINKヤバイ!初心者向けで凄い解るHTTPステータスコード301.403.404.500等の意味

ゴミ箱が空。ごみ箱の記事を復元

使用していたブラウザの履歴でキャッシュが残っているかと思い、履歴からプレビューで表示した記事にアクセスしてみました。でも404になったので完全削除した場合の復元は厳しいかもしれません。

過去のデータベースのバックアップがあれば、ローカル環境にデータベースを復元して記事が残っているか確認する方が良いですね。

エクスポートするテーブルは、wp_posts。だけど色んな面を考えて、下記以外をエクスポートして、ローカル環境や、noindexにしたサブドメインに復元するのが良いかも。

  • wp_options
  • wp_usermeta
  • wp_users

この3つは、WordPressの設定ユーザー情報です。ユーザー情報が書き換わると面倒なので、詳細設定で絶対選択しないでエクスポートしてください。あとはプラグイン関連も不要かも。

LINKWordPressデータベースのバックアップ!エクスポート詳細設定方法を、初心者がメチャクチャわかるよう説明

ちなみに復元したら、パーマリンクが__trashed__trashed-数字と変更され、繰り返すとそれが増える感じ__trashed__trashed

ゴミ箱に移動した投稿が消える

ゴミ箱に移動すれば、30日で投稿は消えるんです…。

  • この期限を長くするにはwp-config.phpを編集すれば可能

※このファイルの扱いは文字コードを間違えるとブログが表示しない・管理画面に入れないエラーが起きる。

また

サーバーによって、パーミッションが400などで設定されている場合、FTPソフトで編集後アップロードできません。

※書き込み権限がないため。サーバーにあるFTPで編集するのが良いですよ。

下記リンク先:見出し1.2.2『wp-config.phpでファイルに書き込めないとき対処・解決法』。※そのファイルの場所や、ファイルに書き込む場所も説明あり。

LINKWordPress初心者でも、真っ白になったブログを元の画面に戻せるページ!エラーコードを表示させる2つの方法

コードは下記、2行目を参考に貼りつけてください。

wp-config.php ファイルで、定数を定義することができます。

define(‘EMPTY_TRASH_DAYS’, 30);

引用元:ゴミ箱のステータス|WordPressCodex日本語版

wordpress 復元 url

WordPressのURLを変更してしまった場合、元のアドレスに変更したいと想定。バックアップがあれば、テーブルwp_optionsのみ復元!インポートすると良いですね^^

現状はダッシュボードの設定の

  • サイトのタイトル
  • キャッチフレーズ
  • WordPress アドレス (URL) :https://bibabosi-rizumu.com
  • サイトアドレス (URL) :https://bibabosi-rizumu.com

このアドレスを変更してしてエラーがでた。

データベースのバックアップをとったとこがない場合

元に戻す方法として、データベースのエクスポート詳細設定で、wp_optionsのみエクスポートして、テキストエディタで開きエディタ置換機能で置換するのが安全かも。

  • 置換前:今エラーが出てしまったアドレスを入力:http://matigai.com
  • 置換後:戻したいアドレス:https://domain.com

上書き保存して、データベースの復元!インポート方法のように復元してくださいね。

ポイント

再度エラーが出たとき用に、念のため全てのデータベースをエクスポートしてから、作業しておく。

2次被害が起きる可能性を考えて、必ずインポート前にバックアップをとりましょう^^

wordpressが復元されない

復元作業があっているか問題ですが、よくあるのが、WordPressのデータベースにある接頭辞が、復元前と違うから。その他、下記リンクの見出しをチェックしてください^^

  • 1ブログが表示・ページが機能しない原因:テーブル接頭辞wp_が違う
  • 2データベース接続の確立中にエラー:DB情報の間違い
  • 4ブログが表示されない、ホームページがアップロードされてない原因
  • 5WarningやFatal error: require()、次々エラーが続出!phpバージョンが原因
  • 6WordPressのFTPファイルが入っていない
  • 7最新記事が表示されていない

LINKサーバー移行・ファイルの入れ替えでブログが表示されない原因・解決法

wordpressディレクトリのどこに、記事データがある

  • WordPressディレクトリ内で、記事データを探したけど見つからない。
  • 記事はどこに格納されているか

WordPressは、ディレクトリ(本体ファイル:画像も含む)データベース、2つにデータが保存されています。

記事データ関連や、ダッシュボードでの設定は、データベースに保管してあるので、FTPで探してもないんですね。

LINKWordPressデータベースのバックアップ!エクスポート詳細設定方法

このデータベースMySQLで記事は保管されています。

テーブルの詳細でwp_postsだけをダウンロードし、それをテキストエディタで開くと、膨大な記事データが表示されますよっ^^

データベース・WordPress本体ファイル(FTP)関連

データベースがあるのでバックアップは必要ないのか

データベースMySQLと、WordPressの本体ファイルは、別ものになります。

データベースの格納されてるイメージ

データベースMySQLのデータ

このデータベースの中には、WordPressでアップロードした画像など保存されてません。

サーバーのFTPにファイルとフォルダが沢山あるイメージ

サーバーで保存されているファイルデータ

このFTPに保存しているものは管理画面の設定や記事関連は保存されてません。

なのでデータベースのバックアップと、WordPressファイルのバックアップ2種類必要です^^

wordpressでftpを使わなくても

FTPは、フォルダごとのバックアップ、復元のとき、一括でファイル転送をおこないます。自動でバックアップをとっていても、エラーが出たとき、手動で復元するとき必要です。

WordPressは、突然エラーが出ることもあるので、FTPは導入しておくと困った時に役立ちますよ^^

LINK初心者へFFFTPの導入・初期設定とそのバックアップ

LINKFileZillaの使い方!ダウンロード・インストール・設定方法の手順

サブドメインの復元

サブドメインの復元は、独自ドメインとサブドメインを移行して復元するなら可能です。

  • 独自ドメインと切り分け、単独で復元する場合
    • 独自ドメインを取得
    • アドレスを変更して復元
    • 接頭辞をあわせる

このようにすれば、復元可能です。移行方法は下記をどうぞ。

LINKWordPressサーバー移行手順!ロリポップからエックスサーバー、ブログお引越しで確認すること

簡単ワードプレスデータ削除後の復元方法

ワードプレスの移行と同じです。データベースのバックアップと、WordPressファイルのバックアップ2種類をローカルに保存します。

  • その後データを削除します。

あとはWordPressの移行と同じです。よくチェックしてから、データを削除しないと泣きたくなるので注意が必要。

LINKWordPressサーバー移行手順!ロリポップからエックスサーバー、ブログお引越しで確認すること

上記リンク内にもありますが、次の最低限のバックアップは必要です。

WordPress最低限のバックアップ

データベースのバックアップWordPressファイルのバックアップです。WordPressを間違って削除したとき、乗っ取りなどで一時手放すとき、頼れるものはこれだけ❦

  • リンク先のファイル群がローカル側のPCにある場合

データベースと、WordPressファイルのプラグイン・画像・テーマを編集追記したファイルのみバックアップするのが最小限になります。

LINK簡易的バックアップ!初心者用WordPressファイル内説明と、5秒で復元する方法

チョコチョコとるのが面倒なので、それらを一括でとるのが楽な方法です。

FTPで削除済みファイル・フォルダの復活

ごっそりなくなったフォルダやファイルは、バックアップがあれば元に戻ります。

LINKWordPressの削除方法と、間違って削除したとき復元する方法

バックアップがない場合も、ある場合も、どのフォルダがなくなったか確認を兼ねて次をチェック。

  • 削除したフォルダ・ファイルを補充する

補充するには、現在のWordPressのバージョンの確認が必要です。

ダッシュボードのホームにある『概要』をチェックしてください。

  • WordPress 4.7.5 (Simplicity2 child テーマ)

この場合WordPressのバージョンは、『4.7.5』なので、下記リンクより該当のバージョンをダウンロードして、足りないフォルダ・ファイルだけ復元します。

LINKWordPressの新旧バージョン|wordpress.org

ポイント

※ここでダウンロードしたwp-config.phpファイルはアップロードしちゃダメ!

あなたのサイトのFTPを開いて、ダウンロードした上記フォルダと比較して足りないフォルダ・ファイルを補充

  • wp-content内にあるplugins themes uploadsはあなた特有のフォルダです。それがなくなっていると、結構イタイです>< バックアップがあれば、復元するのは簡単です。

LINK初心者向け説明、WordPressの復元方法

LINK初心者用WordPressファイル内説明と、5秒で復元する方法

その復元作業の前にWordPressファイル群をバックアップを確認してください。面倒な場合・よくわからない場合はすべてバックアップを!かなり時間はかかるけど

WordPressのファイル群

public_htmlフォルダ内の、WordPress本体ファイル一式

臨時バックアップフォルダを作って、保管する。wp-config.phpファイルは超重要なので、バックアップがとれたか中身を確認を!

サーバーからバックアップデータをとる方法

サーバー上にあるデータベースとWordPress本体ファイルを、エックスサーバー簡単にとる方法は、下記の通りです。

同一アカウント内のブログを一括でダウンロードすることもできて便利!

LINK超簡単、エックスサーバーのバックアップ!データベースMySQL・WordPressファイルから復元をオススメ

500内部エラーでバックアップをダウンロード

http 500 internal server Errorなど、出てしまったとき

  • 普段バックアップをとっているフォルダにダウンロードぜす
  • 新規フォルダにダウンロードしてください。

wordpress バックアップとってない エラーが出る前にもどす方法

どのファイルにエラーが出たかによって対処が違います。

  • WordPressの更新のとき

LINKWordPress のアップグレード:手動更新|WordPressCodex

  • プラグインの更新でエラーが出たらダウングレードする

LINKWordPressプラグイン前の旧バージョンへ戻す、2つの方法!更新でエラーが出たときの対処手順

テーマファイルの更新:バックアップとってない 関数 バグ

まず、エラーがでた該当ファイルをFTPソフトでダウンロードしてください。キチンととれたか確認を。

その後、エラーが出たテーマのzipフォルダを解凍。該当のファイルをFTPソフトでアップロード。ブラウザを確認したら、エラーが解除されてます。

さいごに、エラーが出たファイルの過去にカスタマイズしていた記載を、慎重に復元すれはエラー前の状態に戻ります^^

LINKバックアップがないのに、画面が真っ白、500 Internal Server Error!WordPress復元の対処

間違った関数を書いた部分は修正してください。

LINKブログが真っ白!エラー原因は全角・閉じ忘れ・親子テーマの競合!?2通りの復元方法&今後の対策!!

WordPress本体ファイル(FTP)関連

.htaccessファイルを間違って削除した時の対処

新規でまた.htaccessファイルを作成します。作成する場所や初期ファイルの内容・作成方法などは、下記リンク先でご確認してください。

  • 見出し2.htaccessで404 File Not Foundが出る原因と解決法

LINK500 Internal Server Error・404 File Not Found!サーバー移行・WordPressファイルの入れ替えでエラー・原因と解決方法.htaccess編

WordPressブログにアップロードした写真はパソコン上に必要ない?

WordPressにアップロードした画像について。

  • PC上に画像のパス(後述)とともにバックアップをとる必要はあります。

画像を作成したものは、念のためGoogleフォトにアップロードして保存。困った時はバックアップから復元したりしますが、それ自体、間違って削除した場合役立ちますよ^^

LINKパソコンのバックアップに、無料のオンラインストレージ!クラウド上にデータ保存するのがおすすめ

画像のパスは、wp-content/uploads/その以下のフォルダ(ディレクトリ)とわけて保管され、このパスが一致しなければ画像が表示されません。

LINKブログの画像が表示されない9つ+αの原因!リンク切れの対処法

画像のパスについては、下記の見出し2.3:『uploadsフォルダは、投稿画面などでアップした画像を格納』で説明しています^^

LINK簡易的バックアップ!初心者用WordPressファイル内説明と、5秒で復元する方法

バックアップファイル _single.php

  • この記載だとsingle.phpは読み込まれない
  • または、エラーがでます。
  • single.phpとなったものを使用してください。

エラーでバックアップ。ftpが転送できない

転送できない原因は、IP制限をしているなどありますが、下記を参考にどうぞ。

LINKエックスサーバーでFTPを接続後、ファイルがない・読み込まない時の対処法

LINKロリポップでFTPソフトが、サーバー情報を読み込まない原因と・解決方法

wordpressメディア復元方法

ダッシュボード内にあるメディアの復元は、FTPソフトでuploadsフォルダを復元すればOK!

パスは/domain.com(/public_html)/wp-content/uploads

見出し:2.3『uploadsフォルダは、投稿画面などでアップした画像を格納』

LINK簡易的バックアップ!初心者用WordPressファイル内説明と、5秒で復元する方法

親テーマのバックアップ方法

テーマフォルダ内にある該当の親テーマをバックアップしてください。

パスは/domain.com(/public_html)/wp-content/themes/simplicity2

LINK簡易的バックアップ!初心者用WordPressファイル内説明と、5秒で復元する方法

FTPからサイト復元

FTPからサイト復元するには限度があります。データベースのバックアップと、WordPressファイルのバックアップ2種類のバックアップから復元してください。

LINK初心者向け説明、WordPressの復元方法

LINKWordPressデータベースの復元!インポート方法

WordPressの外観 テーマを復元

WordPressダッシュボードの外観よりテーマを復元したい場合は、該当ブログのthemesフォルダのバックアップを、FTPソフトでサーバーにアップロードすれば復元できます。

バックアップが古い場合、カスタマイズした項目が当時のものに、戻るのは覚悟の上でどうぞ^^;

/domain.com(/public_html)/wp-content/themes

詳しい方法は、下記の見出し:1.2『テーマをFTPソフトで復元』でご確認ください^^

LINK初心者向け説明、WordPressの復元方法

wordpressバックアップ後、管理画面に入れない

バックアップをとっただけで管理画面に入れない状況はわかりませんが、考えてみる範囲で

  • cookieが無効になっている
  • プラグインの設定の可能性:プラグインを一度切ってみる

下記リンク見出し:3.2:『全てのプラグインを一括で停止させて外す方法』、または3.3の『該当プラグインのみ外す方法を』チェックするなど。

LINKプラグインが競合!ブログを簡単に表示させる為の3つ対処方法

  • .htaccessファイルで拒否している

LINKセキュリティ対策!SiteGuard WP Pluginの設定と注意事項

  • 新規ブログの場合なら、時間を待つ
  • サーバーでIP拒否などしてないか

IPアドレスが変わったとか。

プラグインでバックアップしたかどうかにもよるので、詳しい状況は不明です!

さいごに

より詳しい現状がわかれば、もっと具体的な対処法があります。何かヒントになった、参考になれば、シェアより教えてくださいね^^

それでは、かうたっくでした。

Comments

個人情報の取り扱いについてはリンク先をご確認ください。

ご了承・ご理解いただいた上でコメントお待ちしております?

トップへ戻る