エラーが出ても復活する。まずは落ち着いて
2次災害予防のため慎重に❦ 焦らず確実にやれば復元できる!頑張って

WordPress初心者でも、真っ白になった画面を復元!エラーコードを表示させる2つの方法

スポンサーリンク

真っ白からの復活

カスタマイズやプラグイン・テーマを導入して更新したら、突然WordPressの管理画面が真っ白!画面が表示されない。エラーを出した箇所が特定できない。

などでしたら、php.iniの設定または、デバックモードでエラーコード表示させる方法を見て、その詳細な箇所と原因を見て直してください。

詳しい原因を知るより、早く直したい場合

どのphpをカスタマイズしてたか?プラグインは、どれを導入したか!?わかっていれば、下記の該当リンクへ飛ぶと直し方と原因がわかります。

「エラーからの復活方法」を状況によって選んでください。

  1. バックアップはとっている。

FTPソフトで復元する方法は画像の通りです。

引用元簡易的バックアップ!初心者用WordPressファイル内説明と、5秒で復元する方法

バックアップが古すぎる場合

  1. プラグイン導入で真っ白になった時

どのプラグインを触っていたか、わかるなら下記リンクへ

LINKブログが真っ白!対処法&プラグインをインストール有効化すると、何故真っ白に!?

  1. php編集後に真っ白になったとき

どのphpのどこに、何の記述をしたか。わかるとき、下記リンク先へ

LINKブログが真っ白!エラー原因は全角・閉じ忘れ・親子テーマの競合!?2通りの復元方法&今後の対策!!

  1. ちょっとわからない。。

この先を読みエラーコードを表示させて、詳しい場所や原因をチェックしてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

真っ白な画面上部にエラーコードを表示させる2つの方法

表示方法から説明しますが、エラーコードを長時間出したくないので、サクッと復元できないときは、エラーコードをコピー後、非表示にしておくと良いですよ。

php.ini設定からポチっとできるサーバーと、wp-config.phpを編集しないとエラーコードが表示できないサーバーがあります。php.ini設定で変更するほうが簡単なのでチェックしてください。

レンタルサーバーのPHP設定の変更:php.ini

ロリポップやheteml、エックスサーバーなどでは、php.iniで表示・非表示が行えます。※ロリポップの初期設定では、デフォルトでエラーコードを表示させている(2015年2月時点)

PHP設定のphp.iniで設定変更が出来るならエラーコードを表示させる設定をオンにします。

  • display_errorsをonに変更・保存

エックスサーバーとロリポップの詳細な設定方法は下記をどうぞ。

LINK エラーコードを非表示、表示切り替える設定方法!.htaccessの設定を優先させるphp.ini設定

hetemlは『コントロールパネル』より、右サイドメニューのウェブ関連、『php.ini設定』をクリック後、php.iniの設定のバージョン毎に設定。選択後『そのほか』よりdisplay_errorsをon、設定完了させる。詳しくは下記リンクへ。

参考php.iniのご利用方法|hetemlマニュアル

これでエラーコードが表示されます。反映するのに10分もかかりません。

エラーコードの例

原文:Parse error: syntax error, unexpected end of file in/サーバーアカウントなど/私やあなたのドメイン(bibabosi-rizumu.com)/wp-content/themes/真っ白にしたテーマ/functions.php on line 55

翻訳:エラー解析し、構文エラー、内のファイルの予期しない終わり/・・・/の行に55

目次2 エラーコードでエラーの場所を確認する方法へ飛ぶ。

デバックモードでエラー表示

デバックモードとはこの場合、エラーを表示、非表示させる設定でonと書くと、どこでどんなエラーを出したか、ひと目で見てわかります。

WordPress重要ファイル「wp-config.php」はTeraPadなど文字コードUTF-8Nで保存できるテキストエディタを使用し、簡易的なバックアップでも、必ずとってから作業してくださいね。

wp-config.phpの場所は、どこにあるか

wp-config.phpは管理画面上にはありません。レンタルサーバーのFTP:WordPressファイル格納庫に存在します。wp-adminフォルダがある階層と同じディレクトリです。

  • domain.com/public_html/wp-config.php
  • domain.com/wp-config.php
ポイント

wp-config.phpの場所

wp-config.phpの場所

wp-admin・wp-content・wp-includesフォルダと同じ階層にある!

wp-config.phpでファイルに書き込めないとき対処・解決法

現在の属性:パーミッションが400になってるので「このファイルの書き込み権限がありませんので、内容の変更はできません。」とロリポップでは表記されます。

  • 400は編集と保存を禁止している

パーミッション600644に一時的に変更保存すれば、編集・保存ができます。

パーミッションの変更

さいご編集が済んだら、パーミッションを400戻して保存しておくと安心です。

wp-config.phpに、エラーコードを出すコードを入力

データベース情報が書かれているwp-config.phpの扱いには注意が必要です。FTPソフトでアップする場合は、上述の文字コードの設定に注意が必要になります。WebFTPの使用がオススメ

ファイルを開いてdefine(‘WP_DEBUG’,を検索してください。

便利機能

ファイルをクリックしてCtrl(コマンド)キーとFキーをクリックすると検索窓が出てくるのでdefine(‘WP_DEBUG’,を入力して探すと早い。

項目が無ければ、追記すればOK!(後述)

define(‘WP_DEBUG’, false);falsetrueに変更、書き換えたら間違いないか確認して保存してください。

define(‘WP_DEBUG’, true);

  • サイトを更新すれば、画面上部にエラーコードが表示される。

コピペ出来ますので、メモ帳にでも貼って意味がを知りたければ後で調べればOK!

  • エラーが連続しない限り、trueからfalse(非表示に)戻すのもあり

define(‘WP_DEBUG’, false);の記載がないとき、追記する場所

require_once(ABSPATH . ‘wp-settings.php’);よりも上に、define(‘WP_DEBUG’, true);付け加えれると問題ありません。

require_once(ABSPATH . 'wp-settings.php');の下に追記すると、同じ記載が追記される例え

一番下に書き加えると、また新たにrequire_once(ABSPATH . ‘wp-settings.php’);と自動で追記されます。

この記載が最後になるようにdefine(‘WP_DEBUG’, true);を書き込み編集を保存して下さい。

wp-config.phpをFTPソフトでアップする時の注意

テキストエディタを導入して、文字コードをUTF-8bomなしで保存してからアップしないとエラーがでます。※Windowsのメモ帳は使わない。

LINKWordPressのUTF-8Nbomとは!文字コード・改行コードについて

FTPソフトにも文字コードを選択する所もありますがちょっと面倒なので、テキスエディタの導入してください。初心者も使いやすいのはTeraPadです。下記サイトさんを参考に^^

参考プログラミングにも使える!TeraPadの使い方【初心者向け】|TECH ACADEMY MAGAZINE

アップ時は下記のように文字コードを指定してください。

  1. ファイル」より「文字/改行コード指定保存
    UTF-8bonなしで保存
  2. 文字コードをUTF-8Nにして保存。※bonなしにしないと、エラーが出る。

FTPでアップするときはFTPソフトのパーミッション:属性を755にしないとアップ出来ませんでした。後でパーミッションを元に戻してください。

ロリポップの場合は、ロリポップFTPでファイル編集たほうが安心・楽ちんです。

エックスサーバーの場合は、WebFTPが便利です。不明なときは目次:4.1.1エックスサーバーWebFTPでファイルを編集する方法を。

LINKWordPressサーバー移行手順!ロリポップからエックスサーバー、ブログお引越しで確認すること

WebFTPの設定でツマづいたときは、目次:3サーバーでFTPアカウント作成をどうぞ。

LINKエックスサーバーで新規WordPressを導入後、サーバーと管理画面でする設定

エラーコードでエラーの出た場所を確認する方法

下記を例にあげてザックリ理解してくださいねっ

原文:Parse error: syntax error, unexpected end of file in/サーバーアカウントなど/私やあなたのドメイン(bibabosi-rizumu.com)/wp-content/themes/真っ白にしたテーマ/functions.php on line 55

翻訳:エラー解析し、構文エラー、内のファイルの予期しない終わり/・・・/の行に55

  • 使用中テーマ内のfunctions.php、55行目のファイルの終わりに予期しないエラーがあった

FTPの階層:ディレクトリ・フォルダと同じで、その通りに開いていくとエラー箇所に到着します。

  • サーバーのアカウント
  • ブログ(ドメイン)
  • wp-contentファイル
  • テーマ
  • functions.php

エラーコードを訳すと細かい事がわかる

原文Parse error: syntax error, unexpected end of file in/サーバーアカウントなど/私やあなたのドメイン(bibabosi-rizumu.com)/wp-content/themes/真っ白にしたテーマ/functions.php on line 55

  • 構文解析Parseエラーがでてますよ
  • 構文規則syntaxエラー
  • 予期しないunexpectedファイルの終わりの中にend of file in
  • 場所はサーバーのアカウント
  • ブログ
  • wp-contentファイル
  • テーマ名
  • ファイルはfunctions.php
  • 55行目ですよぉ

わかった箇所を訂正。または、いじってた記載を丸ごと削除

エラー表示は55行目となってますけど、53行目の;セミコロンの付け忘れでした。

  • 予期しないunexpectedファイルの終わりの中にend of file in

下記は、functions.phpのファイル、エラー箇所は53行目。

エラーコードを見てエラーの箇所を知る。;セミコロン付け忘れ

こんな感じで、エラーの箇所がわかります。;セミコロンに気付かない時は、いじったコードだけ慎重に削除すれば復元完了です。

上記画像でしたら、46行目の//ad-in-body.phpを呼び出すコードから53行目をいじってたので、そこをマルッと削除すればブログや管理画面が元に戻ります。

エラーがプラグインの時

エラー画面で表示されたプラグインを停止・または削除すれば画面の真っ白から復活します。

FTPソフトで停止する方法などは以下チェックしてください。

LINKプラグインが競合!ブログを簡単に表示させる為の3つ対処方法

さいごに

本番でブログが真っ白になる前に、ローカル環境でテストする方法もあります。真っ白になった時、パニック起こす前にFTPで復元したいですよね。そのためには普段からバックアップをとることが大事だったり。

LINK初心者向け!WordPressのバックアップ方法、記事をエクスポートする手順

どうにもこうにもわからない時、エラーを表示させる方法は時に有効です。エラーを表示させたらエラーコードをコピペしてメモしたら、非表示にするのも手です。

なぜ画面が真っ白になってしまったのか、原因から解決方法、ブラウザの表示までわかるページを参考まで^^

LINKHTTP500内部サーバーエラー(Internal Server Error)の意味とは?

その他、バックアップがないときの対処法などデータベースやファイルに関するQ&A。

LINKWordPress初心者の疑問!バックアップ・エラー対処・復元のQ&A集

LINKバックアップがないのに、画面が真っ白、500 Internal Server Error!WordPress復元の対処

LINKバックアップがないのに全削除したWordPress復元!記事・画像・CSS・パーマリンクなど

ではっ、かうたっくでした。

コメント

    個人情報の取り扱いについてはリンク先をご確認ください。

    ご了承・ご理解いただいた上でコメントお待ちしております❦

    トップへ戻る