HTTP500内部サーバーエラー(Internal Server Error)の意味とは?

シェアする

「500エラー」は、CGIウェブサーバ上でユーザプログラムを動作させるための仕組み上のエラー」とwikiであり、何の事だか難しい…。言い方も「HTTP500エラー」「500 error Internal Server Error」「500サーバーエラー」「内部サーバーエラー」…と色々。

その意味と原因、対処・解決法が解るページです。ブラウザのエラー画面と、サーバーの「500 Internal Server Error画像」にある原因の説明文を、分かりやすく補足を加え説明します。

  • 閲覧・訪問したページがこのエラーの場合

はじめの見出し閲覧ページの表示がおかしい!HTTP 500 サーバー内部のエラーとは?に書いてます。あなたが何かできること!とお考えのときは、下記リンクへ。

LINK普段見てるページにエラー・不具合があったとき、試してほしいこと

  • 運営者には、エラーをなおすために何をすれば良いかを。

2つ目見出し以降、ブログ・サイト運営者向けに書いてます。興味があれば、ごゆるりどうぞ^^

スポンサーリンク

閲覧ページの表示がおかしい!HTTP 500 サーバー内部のエラーとは?

ブログ・サイト・ゲームなど表示しようとした画面を提供しているオーナー・運営者サイド側が契約・使用している、アクセスした情報を画面に表示させる場所サーバー内部』のトラブルが大半です。これが原因で画面が真っ白になることもあります。

  • ブラウザ画面に情報を表示・提供する場所『サーバー内部』で技術的なトラブル発生
    • プログラムに異常が発生し、処理できないから
    • 表示されるべき情報が画面に表示できない状態
    • http500エラーが出ている状態

この『500エラー』はステータスコードと言って、アクセスした画面を表示しようとしたけど、なぜ表示できなかったか(500番は『サーバー内部のエラー』)を、ブラウザ・画面に伝えるコードです。

LINKヤバイ!初心者向けで凄い解るHTTPステータスコード301.403.404.500等の意味


運営者側の『プログラム内部でのエラー』とは

情報提供サイトやブログでしたら、よりこだわり良いモノを提供しようとした結果、エラーがでることも。

管理者の更新で500 Internal Server Errorが発生すパターン①

  • コードの書き間違えに、気付かず更新した。
  • 導入した新機能が現状のものとあわず競合、ケンカした

運営者がエラーの原因(後述)をつきとめ、解消することで表示されます。どこかで何かの新機能を提供しようと頑張ってるんだぁ…。。とでも思ってください^^;


断続的・途切れとぎれに続くエラーの場合

サーバー内部で負荷が増大し安定供給できないパターン

同時アクセス増大・アクセスが多すぎて負荷がかかった場合など。たとえばツイッターでは、『サーバー内部のエラー』『技術的な問題が発生しています』と表示されます。

ツイートしようとしたときは前者、ツイッターを表示するときは後者青い画面が表示されます。

Twitterの記述的な問題が発生しています。

Twitterの技術的な…http500エラーの表示画面:小さい画面バージョン

  • ツイッターを表示するサーバー内部が不安定になってるのが原因
  • 更新すればすぐ表示・何度かツイートを試せば送信される

ツイッターではちょくちょく発生しますよね!?またか…と思う他ないですが…。

星の数ほど原因がありますがザックリ、こんな感じ。(生)暖かく見守ってみましょう…^^;


使用しているブラウザ画面の問題

運営者サイドのトラブルではないときも、まれにあります。簡単に試す方法からご紹介。

  • ブラウザの更新・リロード。これで表示されるとき
  • ブラウザをEdgeからChromeなど普段使わないものに変えると表示するとき
    • キャッシュやcookieが原因で、削除ポチッとすれば表示される場合
  • あとはプロバイダーなどの回線を見なおす

LINK普段見てるページにエラー・不具合があったとき、試してほしいこと

以降。ブログ・サイト運営者になぜエラーが出たのか、原因・解決方法などご紹介^^

HTTP500内部サーバーエラーの原因は!?

女性「なるほどっ!」

HTTP500サーバー内部のエラー:Internal Server Errorの原因は、プログラムが正常に動かないからページを表示できません。

サーバー内のプログラムが処理できる状態でなければエラーが出ます。PHPなどの書き方に小さな不備があると一発で500 Internal Server Errorが表示されます。デリケートなので、ファイルの扱いには注意が必要です。

  1. プログラムが手上げ『コードミスにより』ページが表示できない
  2. だから、エラー画面を表示
  3. 運営者がエラーを直さないと、ブログ・サイトの画面は表示されない

この原因はホンの一部です(その他原因は後述)。例えば、IE:インターネットエクスプローラーのブラウザ(画面)なら『プログラム上の問題』。処理できないからエラー画面を表示してます。

IEのHTTP500画面『Web サイトはページを表示できません』

  • Webサイトに、プログラム上の問題がある。

このエラー (HTTP 500 内部サーバー エラー) は、Web サイトのサーバーに問題があって Web ページが表示できないことを意味します。

引用元:IEのHTTP 500画面

500番台のエラーはサーバー側に問題があるエラーです。
HTTP500エラーはperlやphpなどのCGIの記述ミスが殆どで、簡単に言うと「ホームページの作り方(書き方)に問題があって表示できません」という事です。

引用元:HTTP 500 内部サーバー エラー|YAHOO!知恵袋

(ざっくり補足)

CGI
サーバーに置かれたプログラムを動かすしくみ。

ページにアクセスしたら、サーバーはページを表示させるためアチコチからファイル集め表示するため、プログラムを起動!ページのPHPファイルなど読み込み処理。

リクエストされた(アクセスした)ページの『結果(知りたい情報)を表示』させるため、プログラムを起動し処理してページをお届けするとき活躍。

それが一気に稼働しすぎると、キャパ:容量が足りなくなる。

PHPの記載にミスがあったら表示できず『…ピポピポパパポ~ン!』こうしてエラーが出る。

PHP
ファイルにphpコードを書いたものをプログラムが処理。HTMLより高度な表現ができるプログラム言語で、サーバーで動いてページを表示。

例えば『条件』『処理』を分岐させて、スマホならこのA処理、タブレットならB処理、それ以外はC処理。とHTMLに細かい命令を書いて、表示を分けたりできる言語系プログラム。

※この、アクセスによって表示を変えることを『動的』と呼ぶ

そのコードに書き間違いがあると、プログラムが処理をしようとして『コード・ヨメナイ_ショリ・デキナイ・ム~リ~_ポ~ン!』こうして画面が真っ白になる(ページが表示できない)エラーを出す。

その他、ブラウザに情報を表示する役目をもつサーバー、その原因の説明は下記です。説明がないサーバーも多数あるので、見てください。

  • 『cgi もしくは ssi が正しく動作していません。』レンタルサーバーへテムル
  • 『CGIやPHPなど内部参照におけるエラーの為、目的のページが表示できなかったことを意味します。』エックスサーバー
  • 『CGI もしくは SSI が正しく動作していません。』レンタルサーバーロリポップ

『なぜうまく動かないか』具体的な原因をあげますね。エラーの原因は人の数程あるので以降をヒントに、原因を特定してください。

プログラム上の問題。CGIのソースコードに誤りがあり、正しく動作してない…とは?

ブログの骨組みになるHTMLなどを書くphpファイル、.htaccessファイルなどに書かれたコードミスなどで、サーバー内部で動くプログラムが悲鳴をあげ動作しないから、ページが表示されない。

運営者が「ワンパンチ(記載ミス)でノックアウト(真っ白に)させた状態」って事。

具体的にどんなものか詳細な原因の一例をあげますね。

運営者のファイル記載ミス:Parse error: syntax errorなど

PHPなどの記載ミスがあれば、プログラムは理解不能になって読み込めないんです。どこか編集中にミスがなかったか確認します。

  • 半角が、全角になっている
  • おかしな所にスペースが入っている
  • 囲み忘れ”hoge”など
  • 閉じ忘れ}
  • 編集時にまちがい、1文字打ち込んだなど…

Parse error: syntax errorは構文などのミスの場合出るエラーコードです。詳しくは下記で

LINKブログが真っ白!エラー原因は全角・閉じ忘れ・親子テーマの競合!?2通りの復元方法&今後の対策!!

.htaccessファイルの編集でエラーが起きた場合

.htaccessファイルの編集はめったに行いませんが、サーバー移行中になど環境によって500エラー、404エラーと次々エラーが起きる場合もあります。

詳しくは下記の原因と解決法を記しているので、チェックしてください。

LINK500 Internal Server Error・404 File Not Found!サーバー移行・WordPressファイルの入れ替えでエラー・原因と解決方法.htaccess編

ファイルをアップするとき、文字コードを間違えた

.htaccessやwp-config.phpなどのファイルをFTPでアップするとき、UTF-8Nで保存してアップするところをUTF-8(winPCのメモ帳)でアップすると、管理画面さえ入れないエラーが出ます。

LINKファイルをアップしてエラー!WordPressの文字コードUTF-8Nbomなしって何!?

該当ファイルの文字コードをチェックし、FTPソフトでファイルをアップする時の工程など確認してください。

ちなみに日本語が文字化けする場合は、文字化けした箇所のファイルの文字コードがASCIIになってたり。アスキーは英数字以外は反映せず???となったりします。詳しくは上記リンクをどぞ。

functions.phpの編集後やプラグイン導入で、内容がかぶった(競合)

テーマのfunctions.phpに書いてる内容と、同じ内容の記載があるのに、追加更新したら一瞬でブログが真っ白になります。

親テーマに書いてる内容を、子テーマで採用して更新したらエラーが出る(親子テーマの競合)。

functions.phpの記載内容と同じ機能をもつ、プラグインを入れた場合もです。

  • (同じ機能を持つ)プラグイン同士の競合も。
    • ブログはエラーで表示されないけど、管理画面に入れる場合もある。

また500エラーと直接関係はない場合が多いですが、プラグインの更新でエラーが出た場合は、一旦前のバージョンに戻すとエラーが解消できたり。

LINKWordPressプラグイン前の旧バージョンへ戻す、2つの方法!更新でエラーが出たときの対処手順

functions.phpで出したエラーは、一撃で真っ白になって管理画面にも入れません

LINKプラグインが競合!ブログを簡単に表示させる為の3つ対処方法

このファイルに同じ内容を書いたらエラーが出ると覚えておきましょう。

注意: もし WordPress プラグインが、あなたの functions ファイルが実行するのと同じ関数やフィルターを呼び出すと、その結果は予想がつきません。サイトが機能不全に陥ることもあります。

引用元:functions.php 概説|WordPressCodex日本語版

指定されたページの CGI のパーミッションが間違い…とは?

FTPソフトで転送するブログの本体フォルダやファイルアクセスする権限パーミッション』(後述の数字)設定に誤りがあって、プログラムの処理ができない状態です。

サーバーFTPのパーミッション:現在の属性・呼出・実行。この数字

この属性400のとき、オーナーでも見れるだけ書き込みや更新はできないので、安全度が高いと言えます。

※600番台や700番台もあるけど、ザックリ言えば数字が小さいほど権限が狭くなり、オーナーなど限られた人しか触れない。

重要ファイルファイルに与えるパーミッション(アクセスの権限)はサーバーによって違っても、ディレクトリ(フォルダ・階層)・ファイルにおかしなパーミッションで設定したら、エラーが起こるワケです。

CGIの設置マニュアルなどには、『CGI実行ファイルは777』『データファイルは666』などと書いてある場合がございますが、 ロリポップ!レンタルサーバーではセキュリティ上その設定では動作しない場合がございますので、上の表の通りに設定をお願いいたします。

LINKパーミッションについて|ロリポップ!

各サーバーあまりかわりませんが、推奨されているパーミッションを確認してください。エックスサーバーで、ファイルごとのパーミッションの値を書いてます。

適切なパーミッション値
フォルダ 755, 705のいずれか
.html / .php / .zip などのファイル 644
.htaccess 644
 .cgi / .pl などの CGI 実行ファイル  755, 705のいずれか
 .cgi / .pl などの直接実行されないライブラリファイル  600
 .txt / .dat / .log などのファイル  600

引用元:パーミッション|Xserver

FTPソフトファイルジラのパーミッション、755とか705など

FFFTPのパーミッション属性の変更画面:755

指定されたページの CGI が間違ったモードで転送…とは?

この『違ったモードで転送』とありますが、これは『ASCIIモード』『バイナリモード』のことです。FTPソフトなどで自動で転送してる中、出したことはないですが、アップしたファイルがどちらのモードか確認してください。

FFFTPの転送1(触ってない状態)アスキー・バイナリモード

※転送3は上述のパーミッションを変更してアップ出来そうな設定

ファイルジラの転送の種類、触ってなければ自動がデフォルト

FTPソフトでアップした場合、ソフトの画面上か下に転送の状況が表示されますよね。そこにどのモードでアップしたか、全て表示されます。

転送設定の確認してください。

参考500 error が表示されます|heteml

CGIの負荷が大きい(CGIプロセスが多数動作)…とは?

エックスサーバーの『断続的に発生する場合 CGIの負荷が大きい(CGIプロセスが多数動作している)。』

この意味はレンタルサーバーの同一アカウント内に、複数ブログを入れてる状況でしょうね。

サーバーのアカウント内に複数のブログ、独自ドメイン・サブドメイン・サブディレクトリなど運営、またマルチドメインとしてドメインを新規で借りて複数運営してると、プログラムの動作CGIが複数動いてる状況ですよね。

LINKサーバー同一アカウントで複数ブログ運営の選択肢!サブドメインとサブディレクトリ、マルチドメインの違い

そういった意味で時々こんな感じになるなら、負荷が大きいときにエラーが発生してる可能性を調べてください。

※クローラーの呼びすぎ・20ページほど一気にページを開いた場合、一時的な500エラーの場合もよくあり、ページを更新すれば表示されることもある。

※短時間で大量アクセスの場合も同じこのエラーが出ます。(エックスサーバー・ロリポップなどのサーバーは503エラー。サーバーによっては500エラーで表示する場合も。)

指定されたページの CGI が異常終了…とは?

へテムルのエラー画面である異常終了については、下記を参考にしてください。

  • .htaccess にて php_flag, php_value の設定をしていませんか?
  • PHP の設定はコントロールパネルの 「 php.ini 設定 」より行ってください。
  • CGI の1行目は 「 #!/usr/bin/perl 」 になっていますか?

引用元:500 error が表示されます|heteml

これらを設定をチェックしてはいかがでしょうか。

  • php_flag, php_valueの設定など『php.iniで設定』

※.htaccessに書いたコードが反映しない事があったときphp.iniの設定変更で、php_flag, php_valueをonにしたら反映したことがありました。サーバーによっては、エラーが出てしまうワケです。

LINK検索 htaccess 500 Internal Server Error・404 File Not Found!サーバー移行・WordPressファイルの入れ替えでエラー・原因と解決方法.htaccess編

HTTP500エラーを出したとき、詳細なエラー場所が解るまで、やっかいで焦りますよね。

エラー解決の近道は、バックアップからの復元

女性が胸に手を「大事なこと」

エラーを出していつも思うことは『バックアップの大切さ』です。最新のバックアップデータから復元するのが一番簡単な方法です。

バックアップをとって、PHPや.htaccessなど触る。そこでエラーが出たら、そのファイルのバックアップをFTPから復元すれば、すぐに直ります。

LINK簡易的バックアップ!初心者用WordPressファイル内説明と、5秒で復元する方法

ですがバックアップをとらず、作業を続けエラーを出すと、どのファイルでエラーが起きたのか解らない事があります。

エラーが出たら、エラーコードを表示して解決する方法

女性が楽しげに上を記す「上部にエラーコードを出せばわかるっ!」

どこでエラーが出たかサッパリ解らないなら、エラーコードでエラーが出た場所をしぼるためデバックモードでエラー表示させます。

サーバーにphp.iniがある場合と、ない場合で変わってきます。(ないときwp-config.phpを編集)

  • サーバーのWEBツール、PHPiniで表示。
  •  wp-config.php記載する。
    • //false非表示、true表示
      define(‘WP_DEBUG’, true);

LINK WordPress、エラーコードを表示させる2つの方法

※PHPの構文チェックをして、間違いを教えてもらうのも手かと・・。

スポンサーリンク



WordPressで500エラーでエラーコードを表示させた時の画面

ブログが真っ白な画面になったときは、「500 Internal Server Error」で、Chrome・Firefox・Internet Explorer、どのブラウザも画面上部にエラーコードが書いてる状態です。

  • Fatal error: Cannot redeclare・・・
  • Parse error: syntax error, unexpected・・・
  • 他のエラーコード、メモってない。。プラグインのエラーコードもあり

他にもありますが、HTTP500エラー解決方法は下記です。

普通にバックアップがある場合。FTPで該当ファイルを復元してください。

LINKWordPress初心者向けバックアップデータのファイル復元!データベースのインポート方法

プラグインが原因のとき、管理画面に入れるか、入れないかで方法が変わってきます。詳しくは下記を。

LINKプラグインが競合!ブログを簡単に表示させる為の3つ対処方法

functions.phpでのエラーの原因と、FTPで復元させる工程、書いた場所を丸々削除する方法は下記を。

LINKエラー原因は全角・閉じ忘れ・親子テーマの競合!2通りの復元方法と今後の対策

single.phpなど、管理画面でエラーが出ない。ブログで確認を

single.phpのエラーは公開した各ページを見ないとエラーが出てるのかさえ気付きません。

一気に色んなカスタマイズをするのは、注意が必要です。1つカスタマイズをしてブログを確認後、違うカスタマイズするのをオススメします。

Parse error: syntax error, unexpected end of file in /~~FTPのパス~~/wp-content/themes/stinger5Ladyver20141023/single.php on line 194

エラーコード

エラーコードを表示させた画面のスクショ

エラーコードの意味は、「構文エラーがend of fileでおこってますよぉ!/stinger5Ladysのsingle.php 194行目らへん」単語の意味を調べると解るワケです。

実際single.phpの38行目、endifの後ろに変な文字が入ってた事があります。

<?php if ( wp_is_mobile() ) : ?>
<p style=”padding:10px 0;”>本日の人気記事</p>
<?php else: ?>
<p>本日の人気記事</p>
<?php endif; ?> ←「い」って何!?

single.phpの38行目がエラーの原因:「い」

スマホで触ってたとき、何かの拍子に入力してしまった、「い」に気付かず更新したのが原因です。ほかには、編集中に記号などを1つ消してしまったなど…。

single.phpの特徴

公開したページのみエラーが出て管理画面では気付かない!

  • トップページや管理画面では、エラーにならないファイル
  • 投稿ページのみエラー画面に

投稿ページのブログ画面までチェックしましょう!

single.phpに限らないですけど、『エラー箇所が194行目』とあっても、38行目や180行目、192行目など違うときがあると、覚えていてくださいね。

メールでHTTP500内部サーバーエラー

メールでのhttp500エラーが出てお困りの方もいらっしゃいます。メールでこのエラーの場合、メールを扱う運営者が契約しているサーバー内部のエラーでしょう。あなたに出来ることはキャッシュ・cookieを切ってみることです。

LINK普段見てるページにエラー・不具合があったとき、試してほしいこと

このHTTP500エラーの範囲は凄く広いけど、500番台はメールを管理している会社管理者が契約している場所(サーバー)内部でのエラーで、訪問者のできることは『回復を待つ』ということ。

自分のPC・スマホの不具合ではないか知りたい場合は、上記リンク先cookie・キャッシュの削除を試してみてください。それでも反映されない場合はHTTP500がでて…。と管理者サイドに問い合わせてみるのも手です。

LINKヤバイ!初心者向けで凄い解るHTTPステータスコード301.403.404.500等の意味

滅多に起きない事だし対応に追われてることでしょう。大きな会社での運営でしょうから、障害情報などリンクがあるかもしれません。

  • 原因障害情報がないかチェックしてみてくださいね。
情報を探して来られたあなたと、今後困っているあなたに届きますように…

WordPressで500エラーを出したくない!対処法

サーバー内部のエラーは上述のものだけではありません。ほかにもプラグインの更新WordPressの更新・アップグレードでもこのエラーはおこります。ホントに星の数と言っても良いほど^^;

ただ思いもよらないときにエラーがでます。

  • プラグインの更新のとき
    • FTPで、該当プラグインの該当ファイルを復元準備
  • WordPressの更新時
    • データベースのバックアップファイルからの復元
  • 外部攻撃から、ブログを手放す前

バックアップをとって、復元準備をしていると、3秒あれば復元処理がおわります^^

バックアップをとるとき必要な、WordPressのフォルダ・パス、ファイル・データベースなどエラーを即行でなおす方法は、下記リンク先をチェック!

LINK簡易的バックアップ!初心者用WordPressファイル内説明と、5秒で復元する方法

どちらもバックアップがなければ、旧データに戻す方法が有効です。

LINKWordPressプラグイン前の旧バージョンへ戻す、2つの方法!更新でエラーが出たときの対処手順

エラーや不具合が出るタイミングを知っていると、3秒で復元完了するので、そのバックアップをとるタイミングが重要です。

  • 間違って編集するとエラーが出るファイルとか、知ってますか?

知ってればエラーを未然に回避するように、ローカル環境で編集するファイルをテストをして、エラーが出なければ本番で採用すればエラーが激減します。

LINKWordPressのテストサイトの使い方!本番環境へ移行する方法

もしテストページを作ってない場合は、WordPressのサブドメインでテスト環境を作る手順!を参考にしてくださいね。

WordPressで500・503エラーページの自作・編集方法

WordPressはphpを使えるブログサービスなので、500エラー503ページをオリジナルのエラーページを作成して、状況を訪問したユーザーに状況を伝えても良いと思いませんか?

サーバー側のエラーだとわかる人はホンの一握りで、ブログ運営をしていない一般の人が分かる言葉で状況を説明することは大事です。

503の状況を想定してますが、http500エラーページの自作も同じ要領で作れるので、初心者向けにかなり詳しく書いてます。

LINKこんな簡単で良い?WordPreesで自作、503ページ!離脱阻止できるページを作ちゃおう!

  • 流れだけ知りたい人は、下記エラーページにリンクなしバージョンをどうぞ。

LINK3分で完了!WordPreesの自作500・503エラー画面、PHPファイルのダウンロード・設置

  • 500エラー・503ページの自作ひな形をダウンロードしたい人は下記を

ついでに検索エンジンにも状況を伝える書き方も紹介してます。

LINK管理者リンク付き!503 Service Unavailableエラー自作PHPファイルのダウンロード

Chrome・IE・FireFox、へテムル・エックスサーバー・ロリポップでの500 Internal Server Error

ブラウザのエラー画面、サーバーのエラー画面の詳細は次のページで紹介しています。

見出しが多いため、分割しました。エラーの原因・解決の見出しへ行く、またはエラー画面の確認などは、2ページ目へどうぞ^^

スポンサーリンクと関連記事

関連記事(広告含む時あり)

シェアする

フォローする

  • Follow Me →
スポンサーリンク
トップへ戻る