エラーが出ても復活する。まずは落ち着いて
2次災害予防のため慎重に❦ 焦らず確実にやれば復元できる!頑張って

HTTP500内部サーバーエラー(Internal Server Error)の意味とは?

スポンサーリンク

その表示の違いをチェックできるページです^^

ブラウザ表示画面に500エラーと表示

猫の表情:まじでっ!

ブラウザが出してるHTTP500エラーの意味って解りにくいけど、原因で説明したとおりです。それぞれ表示方法が様々でどんな説明してるのか気になって調べました。

初めてエラーが出るとブラウザがどんな表示かも知りたいので、Chrome・Firefox・Internet Explorerの表示の違い、一部レンタルサーバーのエラー画面を見てみましょう!

運営者がphpファイルを触ってエラーが出てコードを出さない非表示設定の場合、HTTP ERROR 500などブラウザのエラー画面表示されるか、画面が真っ白になります。

レンタルサーバーのエラー画面の場合、なぜこの画面になったかの説明を見ると、サーバー個性が見え隠れして面白いし、解りやすいのでご紹介^^

※他の要因でエラー画面の表示が異なる場合がある可能性も。

Chromeは「サーバー エラー 500  HTTP ERROR 500」

2016年6月現在のブラウザの仕様の変更を確認しました。現在はHTTP ERROR 500。

クロームは「サーバー エラー 500」

クロームで見たときの500エラーの表示

サーバー エラー

500
詳細を非表示
「~url~」を取得中にウェブサイトでエラーが発生しました。 ウェブサイトがメンテナンスのために停止しているか、正しく設定されていない可能性があります。

“正しく設定されていない可能性”これが運営者の構文のミス「ワンパンチ(記載ミス)でノックアウト(真っ白に)させた状態」を下記の様に表示させてます。

“メンテナンスのために停止”これはサーバーでは503で設定されている場合が多いです。Chromeでは、このエラー画面を表示させてるんでしょうね。

追記2016年6月現在のブラウザの仕様は、下記に変更されてます!

ときどき仕様は変わりますけどこんな画面になります。

ときどき仕様は変わりますけど、現在のエラー画面。

hoge.com ページは機能していません

hoge.com では現在このリクエストを処理できません。
HTTP ERROR 500

ステータスコードが500番台のばあい、運営者が借りているブログを表示させる場所(サーバー)内部のエラーです。

LINKヤバイ!初心者向けで凄い解るHTTPステータスコード301.403.404.500等の意味

IE「Web サイトはページを表示できません HTTP 500」

インタネットエクスプローラー「Web サイトはページを表示できません HTTP 500」

IEで見たときの500エラー。タブに「HTTP500内部サーバーエラー」※私の環境の場合

Web サイトはページを表示できません

HTTP 500

可能性のある原因:
Web サイトがメンテナンス中である。
Web サイトに、プログラム上の問題がある。

対処方法:

ページを最新の情報に更新する。

前のページに戻る。

詳細情報 詳細情報
このエラー (HTTP 500 内部サーバー エラー) は、Web サイトのサーバーに問題があって Web ページが表示できないことを意味します。

HTTP エラーについての詳しい情報は、ヘルプをご覧ください。

青字をみれば訪問者のエラーの場合の対処があり、ちょっと親切。※大半はサーバー内部でのエラーだと、経験上思いますね^^;

何となく運営者側の都合と、ユーザーさんに伝わる文ですね。

ファイアーフォックスのエラー表示方法は、真っ白

ファイアーフォックスの500エラー表示方法は、真っ白

正に真っ白な画面

ただただ真っ白で、ワイルドっ!

運営者がエラー出してこのブラウザで確認したら、「ブログ 真っ白 なんだこれ」っと困惑するかもっ。同時に訪問者も…。

FireFoxは、ChromeやIE・edgeのようにエラー画面を持ち合わせてないってことですね^^

レンタルサーバーオリジナル表示「500 error Internal Server Error」

レンタルサーバーが出してるエラー画像から見る表示の違いで、レンタルサーバーの個性が出て面白いので見比べました。

php.iniの設定やデバックモードでエラーコードを出す設定にしてる場合は真っ白画面の上にエラーの箇所が表示されます。ロリポップ・エックスサーバーで確認済み。

サーバーオリジナルhttp 500 Error画面は、.htaceessファイルなどの編集ミスで表示されます。

ヘテムルは「500 error Internal Server Error」

500 error Internal Server Error

CGIもしくはSSIが正しく動作していません。

以下の状況が考えられます。

  • 指定されたページの CGI が異常終了している。
  • 指定されたページの CGI のパーミッションが間違っている。
  • 指定されたページの CGI が間違ったモードで転送されている。
  • ご利用中のユーザー様は。よくある質問をご参照ください。
  • 疑問点などございましたらお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

ヘテムルの表示は懇切丁寧で、解決方法のリンクがあって助かりますね!上述の原因と解決方法で大半クリアできそうです。

エックスサーバーは「500 Internal Server Error」

アクセスしようとしたページは表示できませんでした。

CGIやPHPなど内部参照におけるエラーの為、目的のページが表示できなかったことを意味します。

以下のような原因が考えられます。

断続的に発生する場合

  • CGIの負荷が大きい(CGIプロセスが多数動作している)。

常に発生する場合

  • CGIのパーミッション設定に誤りがある。
  • CGIのソースコードに問題がある。
  • .htaccess の記載に誤りがある。

エックスサーバーの500エラーの説明はレンタルサーバーだけあって、使用者「運営者」に解りやすい親切な説明が入ってます。

ロリポップ!「500 ERROR Internal Server Error」

500 ERROR INTERNAL SERVER ERROR

※CGI もしくは SSI が正しく動作していません。

  • URLに間違いがないか、再度確認してください。再読み込みしてください。
  • ~ 以下、footerは略 ~

ロリポップの公式500エラー画像は…初心者的に親切ではないですねっ。。「CGIやSSIと言われても、何これ、、どうすりゃ良いの。。」となってガッカリ。。と思いますよね。

でも実は!「php.iniでエラーコードを出す設定」がデフォルトになってるので、この画面は出ず、真っ白画面の上部にエラーコードを表示させます。

ちなみに通常php.iniでエラーコードを出す設定にしてるので.htaccessで表示させようとしてもいくつか設定を変更しないとエラーコードが非表示になりません。だから公式の画像が雑…。

ただエラーコード表示は、アカウント丸出しで良し悪しはありますね。

さいごに

原因は多様すぎるので、エラーログを見て特定するのが一番早いです。サーバーによっては自分で確認できない場合もあるかも知れないので、サーバー問い合わせてください。

500エラーは、ボォーっとしてたらすぐ起こりますが、原因さえ解ればすぐ直るものです。PHPや.htaccessなどのファイルを触るときは、必ずファイルをバックアップをとっていれば、復元が楽です。

あとWordPressのバックアップのタイミングを知れば、エラーが出ても復元作業は5秒もかかりません。

LINK簡易的バックアップ!初心者用WordPressファイル内説明と、5秒で復元する方法

エラーを出すと、その間の集客は0だし、収益にもつながりません。次にそのユーザーさんが来てくれるかもわかりません。

PHPファイルを触るときは、テスト環境ページを作って試してエラーが出なければ本番で採用みてはいかがでしょうか^^

LINKWordPressのサブドメインでテスト環境を作る手順!&ちょっとした知恵的なの

ヒントになってブログが表示されていれば嬉しいぉっと(*´∀`*)

 

それでは、かうたっくでしたっ♪

Comments

  1. 高倉 より:

    初めまして、高倉と申します。
    Wordpressから、その他たくさんの記事、丁寧でわかりやすく、いつも楽しく拝見させて頂いております。

    ひとつご質問ですが、

    レンタルサーバーの移転でFUTOKAからmixhostへ、自サイトを自力で試みたんですが、あえなく失敗に終わりました。

    その際、失敗したサイトを開くと「HTTP500エラー」が表示。
    色々と試してみたんですが、改善されず、サーバー移転は代行を検討しているんですが、

    「HTTP500エラー」が出たサイト、サブのモバイルPCやiPad、スマホでは普通に表示されます。ちなみにサイトをアップしているサーバーは旧サーバーであるFUTOKAだとIPアドレスで確認済みです。

    作業用のメインPCだけはchromeもIEもファイルフォックスも全て、そのサイトだけ表示されず、エラーのままなんです。

    もちろん、エラー表示が出るメインPCのキャッシュや閲覧履歴は削除してみたり、PCやルーターの再起動、PHPや.htaccessの再確認と考えられることは色々と試してみたんですが、相変わらず、そのサイトだけがどのブラウザで見ても表示されません。

    何か他に原因が考えられるのでしょうか?他の端末でもエラーが出て、表示されないのであれば、移転の失敗で納得もいくんですが…。

    たいへんお忙しいと思いますが、よろしければ、ご教示頂けると嬉しいです。

    よろしくお願い致します。
    長文、失礼致しました。

  2. かうたっく かうたっく より:

    高倉さま^^
    お問い合わせありがとうございます。

    「HTTP500エラー」が出たサイト、サブのモバイルPCやiPad、スマホでは普通に表示されます。ちなみにサイトをアップしているサーバーは旧サーバーであるFUTOKAだとIPアドレスで確認済みです。

    作業用のメインPCだけはchromeもIEもファイルフォックスも全て、そのサイトだけ表示されず、エラーのままなんです。

    もちろん、エラー表示が出るメインPCのキャッシュや閲覧履歴は削除してみたり、PCやルーターの再起動、PHPや.htaccessの再確認と考えられることは色々と試してみたんですが、相変わらず、そのサイトだけがどのブラウザで見ても表示されません。

    コレを見る限りでは、サーバーサイドのキャッシュが原因かなと。または、ご使用のキャッシュ系プラグインがあるならば、エラーを表示する該当PCでキャッシュが作成された画面を表示している可能性もあるので、その可能性を解消してみる価値がありそうです。

    それはサブのPC・モバイル・ipadでは普通に表示されている状況を見たら、(おそらく)エラーは出ていない。引用を見る限り、既にエラーが解消されている可能性が高いように思います。

    エラー表示が出るメインPCのキャッシュや閲覧履歴は削除してみたり、PCやルーターの再起動、PHPや.htaccessの再確認と考えられることは色々と試してみたんですが、相変わらず、そのサイトだけがどのブラウザで見ても表示されません。

    • サーバー側のキャッシュを削除する機能があれば、そのキャッシュを削除。
    • プラグインでキャッシュされたページを表示しているなら、それを削除。

    試してみる価値がありそうかと思われます。

    • さらに他の可能性を考えると、別のプラグインが影響している可能性・も考慮して、プラグインを一旦停止
    • 『移行中のバックアップ・復元方法をどのようにされたか』によりますがWordpressのバージョンがいきなり最新になった可能性など

    別デバイスで見て表示されているので、(想像の範囲ではありますが)おそらく移転作業は成功されているかもしれません。

    お試しいただけますでしょうか^^

  3. 高倉 より:

    お世話になっております。
    早速のご返事、ありがとうございます。

    やっぱりキャッシュが関係しているんですね。
    かうたっくさんのご教示にて、色々と試してみたいと思います。
    また、何か変化があったらご報告させて頂きます。

    お忙しいところ、誠にありがとうございました。
    一人で真剣に悩んでいたとこに、かうたっくさんから迅速なご返事、嬉しかったです。

  4. かうたっく かうたっく より:

    可能性のあるところから試してエラーの原因を絞り込む工程なので、ホントに不安で仕方ないかと思います><

    一緒に悩むことしかできませんが、メインPCのエラーが解消されるまでもう一息ガンバってみてくださいね!

    追記

    500エラーのときは、管理画面に入れないので、『プラグインが競合!ブログを簡単に表示させる為の3つ対処方法』の見出し3章:『管理画面に入れない真っ白エラー場合』より該当プラグインのみ強制エラーを出すなどして停止させてください。

個人情報の取り扱いについてはリンク先をご確認ください。

ご了承・ご理解いただいた上でコメントお待ちしております?

トップへ戻る