InstantWordpPress!ワードプレスのローカル環境を2分で導入!テスト環境の作り方

InstantWordPressでローカル環境WordPressを爆速導入!|画像はロケットが白煙を上げ発射した様子

InstantWordpPress(インスタント ワードプレス)を使ってローカル環境でテストブログを構築してみたら、恐ろしく簡単!導入だけなら2分どころか1分あれば構築完了するくらい導入が早いので、WordPress初心者さんにオススメします!

導入・ログイン方法・ファイルの移行方法、ファイルまでのパスなど、テスト環境として使える状態までの工程をご紹介^^

Windows用ではありますけど、Mac用のベータ版リンクもあるので、試してください。※説明はWindows環境

スポンサーリンク

InstantWordpPressの導入方法

Instant WordPressのダウンロード場所

Windows環境でしたら、Instant WordPressより、ダウンロードをクリック

Download Instant WordPress 4.5の場所

『Download Instant WordPress 4.5』をダウンロードしてInstantWP_4.5(.exe)ファイル保存したらクリックしてインストール。

Macを利用の方は

InstantWP Beta Available(ベータ版が利用可能)|InstantWordPressより『MacOS用InstantWP-5.0.0-rc5をダウンロード 』よりお試しくださいね。

InstantWordpPressの導入フォルダ設定でエラーが出る対処

InstantWordPressを導入(インストール)する場所を指定

C:\Users\user\Desktopとなってそのままインストールし、起動すれば下記のようにエラー画面がでます。

保存場所をデスクトップにしたら、エラーが出る

保存場所をCドライブに変更

C:\に入れ直したら、きちんと起動したのでCドライブ直下で試してください。

WordPressローカル環境構築完了画面

インストールが終わったら『Close』ボタンをクリック。ビックリするほど早く完了!

インストール時、エラーが出てがうまく進まない場合の対処

InstantWP_4.5 Setup Error画面

インストールを『中止』か『再試行』か『無視』をクリックしてね。ってことです。無視しない場合、何度もこのエラー画面が出たら、下記を順にダメなら次、2番3番…と試してください。

  1. すでにInstantWordpPress導入済みなら、削除してみるなど。※通常上書きされる
  2. PCが不安定かもしれないので再起動。
    • InstantWP_4.5ファイルを(ダブル)クリックで導入
  3. InstantWP_4.5ファイルを再ダウンロードしてみる
  4. Windowsや購入しているセキュリティが邪魔している可能性
    • セキュリティを切って試す
  5. ダメならローカル構築はBitnamiサブドメインでテスト環境を作る

超簡単に導入できますが、PCの環境によって無理なら別の簡単なローカル環境で試してください。ここで時間をさくのも、もったいないので^^

InstantWordPressの開き、テスト環境を構築

フォルダを開き、CドライブにあるInstantWP_4.5フォルダを開いてください。

CドライブにあるInstantWP_4.5のアプリ

そこに『InstantWP』というアプリをクリックしたら、アプリケーションが起動。

ポイント

とりあえず、右クリックしてショートカットを作成するかタスクバーに追加しても良いかもしれません。便利ですけど不要なら、後日削除してくださいね^^

ローカルWordPressの管理画面・トップページにアクセス

ローカルWordPressのトップページ・管理画面へアクセスする場所

  • WordPress Frontpageをクリックしたら、トップページへアクセス

InstantWordPressのアドレスはデフォルトでhttp://127.0.0.1:4001/wordpress/に。

  • WordPress Adminより管理画面にアクセスできます。

管理画面に入るアドレスはhttp://127.0.0.1:4001/wordpress/wp-login.phpがデフォルト。

SiteGuard WP Pluginを有効化したら、このアドレスは無効化されます。

http://127.0.0.1:4001/wordpress/wp-admin/を入力すればhttp://127.0.0.1:4001/wordpress/login_5桁の数字にリダイレクトして入れますよ。

管理画面にログイン画面より、日本語化できる

InstantWordPressのログイン画面

初期画面は英語になってますが、プルダウンして日本語にしてくださいね。

開いたら下に日本語があるよ^^

ログイン名・パスワード・言語入力

  • ユーザー名:admin
  • パスワード:password
  • 言語Language:日本語(ja)

これで日本語化されたページにログインできます。※導入済みの記事など、日本語ではない。※ダッシュボードより設定(一般)を開き、下へスクロールすれば日本語になっている。

基本の英語と日本語以外の言語を削除したい

毎回ログインで日本語を探すのが面倒なので、日本語以外の言語を削除する方法を紹介します。

言語が多すぎるから、減らしたい

C:\InstantWP_4.5\iwpserver\htdocs\wordpress\wp-content\languagesフォルダを開き、ja以外のファイルすべて削除します。※間違えて削除しないよう、デスクトップに新規フォルダを作成し、ドラッグして移動させてください。

MO ファイルとPO ファイルを日本語のみ残す

画像のようにjaがつくファイルが日本語のデータなので、それ以外を別フォルダに移したら、ログイン画面とダッシュボードの右上を確認してください。

ダッシュボード左上が日本語と英語のみになっている

ログイン画面の言語がデフォルトの英語と日本語のみになっている

こうなっていたら、不要な言語ファイルは削除してOK!これでスッキリなりました^^

本番環境のテーマとプラグインをInstantWordPressに復元

  • 本番環境でphpのエラーなど出したくない…など、テスト環境用の場合
    • 新規テーマを導入してカスタマイズする場合
      • 『外観』より『テーマ』から導入でOK!

使っているプラグインやテーマだけでも導入していると便利です。テーマとプラグインをFTPソフトでやってみましょう^^

不要なテーマやプラグインは削除しても置いててもどちらでもOK!環境を頑張って合わす必要があれば削除してくださいね。

FTPソフトの導入がまだの場合Windows用FFFTPの設定Mac・Windows用FileZillaの設定手順を参考にどうぞ。

FTPソフトでInstantWordPressに復元!該当ファイルまでのパス

FTPソフトをつかうには、ローカルWordPressまでのパスが必要です。アプリを開いた画面に、プラグイン・テーマフォルダまで飛べる機能から紹介し、パスを見ていきましょう。

plugins・themesフォルダへ飛べるところ

上記画像をクリックしたら、プラグイン・テーマフォルダに即いけます。

  • C:\InstantWP_4.5\iwpserver\htdocs\wordpress\wp-content/plugins
  • C:\InstantWP_4.5\iwpserver\htdocs\wordpress\wp-content/plugins

パスがわかったら、バックアップをとる要領で、ローカル環境に復元すればOK!

左:ローカル。右:本番環境

  • 右側、公開中WordPressのパス
    • /domain.com/(public_html/)wp-content
  • 左側、ローカル環境のパス
    • C:\InstantWP_4.5\iwpserver\htdocs\wordpress\wp-content
    • ※Cドライブ直下にInstantWP_4.5入れた場合のパス

右側の本番環境の『plugins・themes』フォルダをそれぞれ右クリックし『ダウンロード』を選択したら、上書き。以降全て上書きすればOK!

インターネットエクスプローラ以外のブラウザで表示したい

毎回IEのブラウザで開くのが面倒なので、EdgeやFireFox、Chromeなど使い慣れたブラウザで開く方法です。

FirefoxやChromeなど、Internet Explorer以外のブラウザでインスタントワードプレスを開くにはどうすればよいですか?

How can I get Instant WordPress to open in a browser other than Internet Explorer, such as Firefox or Chrome?
You can do this by adjusting the setting in the IWP server config file – pms_config.ini.
You can find this file in the IWP folder at iwpserver/pms_config.ini
You will find the line below setting the BrowserPath variable in the Browser section of the config file:
BrowserPath= ../system/InstantWP_GUI.exe
Change this to something like below, to the path of your favourite browser:
BrowserPath= “C:\Program Files\Mozilla Firefox\firefox.exe”

引用元:FAQ|Instant WordPress

グーグル翻訳したものは『IWPサーバー設定ファイル-pms_config.iniの設定』を次のように変更してしてください。BrowserPath = ../system/InstantWP_GUI.exeBrowserPath = "C:\ Program Files \ Mozilla Firefox \ firefox.exe"って意味です。

pms_config.iniファイルの場所

C:\InstantWP_4.5\iwpserver\pms_config.iniファイルをテキストエディタで開く。

BrowserPathの場所とChromeのプロパティ:リンク先パス

25行目にあるBrowserPath設定のを、Chromeなどの接続したいブラウザを右クリックしてプロパティからリンク先をコピーし、変更を行います。

Chromeに変更完了

BrowserPath = ../system/InstantWP_GUI.exeBrowserPath= C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exeこのように変更して上書き保存。

CドライブにあるInstantWP_4.5のアプリ

その後、アプリを再起動すれば任意のブラウザに変更したのが反映されます^^

ローカル環境のWordPressファイルをバックアップ

  • WordPressの本体ファイルを万が一の為、バックアップを取っておきたい場合

任意の場所、例えばデスクトップなど復元するとき分かりやすい場所にバックアップしてください。

バックアップをとっておきたいのは、下記フォルダです。

  1. C:\InstantWP_4.5フォルダ内にある、iwpserver\htdocs\wordpressフォルダをコピー
  2. デスクトップに張り付ける
  3. 名前をInstantWP-BackUpなどわかりやすいものに変更してください。

開くとInstantWordPressのWordPressフォルダ一式のバックアップが完了!あとは、下記リンクに必要であろうことを書いてるので、チェックしてくださいね^^

LINKWordPressのテストサイトの使い方!本番環境へ移行する方法とか

エラーが出た時、真っ白になったときの対処方は、下記リンクに大半まとまってます!

LINKHTTP500内部サーバーエラー(Internal Server Error)の原因と解決方法

さいごに

InstantWordPressは、ローカル環境を爆速で構築するので、ムチャクチャ便利!欲を言えばBitnamiのようにPHPやMySQLのバージョンなど新しいと もっと良いのに…と感じるけど、使い方によって満足して使えます^^

テスト環境の使い方は、人それぞれですが、丁寧に復元したい場合は、下記のバックアップ記事を参考に、必要なものをローカル上で復元してくださいね。

LINK初心者向け!WordPressのバックアップ方法、記事をエクスポートする手順

本格的にローカル開発環境への復元が必要な場合は、本番環境のバックアップと復元が必要で、レンタルサーバーの引っ越しと同じ作業が必要です。

LINKWordPressサーバー移行手順!ロリポップからエックスサーバー、ブログお引越しで確認すること

データベースMySQLを使う方法は、データベースのアドレスの変更が必要になるので、またいつか書いたらリンク置きますね。データベースへ行くためのリンクは下記の通り。

左がデータベースのエクスポートインポートができるphpMyAdminへのリンクです。

それでは、かうたっくでした!

トップへ戻る