エックスサーバーで新規WordPressを導入後、サーバーと管理画面でする設定

エックスサーバーで新規WordPressを導入後、ブログを公開までにする手順、独自ドメインなどの取得後(サーバーの引っ越し後)にする設定の工程です。

www有り無し・httpとhttpsのURLの統一、メールアカウントの作成関連、FTPソフトの設定、ログイン時のユーザー名の変更もセキュリティ面で必要になります。

見落としがないかチェックし、公開前に初期設定を、順番に済ませていきましょう!

エックスサーバーで行う初期設定

スポンサーリンク

URLの統一を行う

www.domain.comdomain.comの統一と、SSL通信に変更した場合は、httpをリダイレクトしてhttpsにする設定を行います。

どのアドレスを入力してもhttps://domain.comのアドレスに転送:リダイレクトするように設定をすることで、URLを統一するワケです。httpsはSSL通信設定を行っている場合の記載なので、httpのアドレスの場合、必要ありません。

www.domain.comdomain.comの2つのアドレスを現状持ってるので、wwwのほうへアクセスがあれば、domain.comに転送する書き方になります。※ドメインの登録(DNS)・サーバーにドメイン追加すればwwwも登録される。

3行目の^www\.domaint\.comは、より正確にリダイレクトするために、正規表現ってものが使われてます。www.domain.comの場合は、このように^www\.domain\.com変更。あなたのドメインに変更してくださいね。

4行目RewriteRule ^(.*) http://domain.com/$1 [R=301,L]は、ピンクの部分をあなたのURLに変更すればOK!

5行目は開けてください。キチンと反映しないときがあるので、.htaccessは1行開けたほうが良いですよ。

6行目以降は、アドレスをhttpsに変更した場合のみ追記してください。SSL通信設定をしている人の記載なので、アドレスがhttpでエックスサーバーで新規ブログを作成する場合は、無料でできるSSL通信設定をした方が良いですよっ^^

SSL通信設定でhttps対応させたら、コピペしてくださいね。

URLの統一を行う.htaccessファイルの注意と、ファイルの場所

.htaccessファイルとは、転送の設定などを行うファイルです。WordPressのファイルは階層化されて保管されていて、そのファイルを置いた階層以下全てのディレクトリ(ファイル置き場)が転送などの設定が有効になります。

ブログを置いている場所に置いていれば、全てのブログに有効です。wp-adminフォルダやwp-contentフォルダのある階層がブログを置いている場所。

エックスサーバーなら、ドメイン/public_html/.htaccess

ロリポップなら、ドメイン/.htaccess

ポイント

このファイルの編集は、文字コードを間違えたらエラーが出て面倒なので、Web上にあるサーバーのFTPで編集すれば、失敗は少ないです。

LINKWordPressのUTF-8Nbomとは!文字コード・改行コードについて

おかしな記載があると、ブログが表示されなくなってしまうファイルの1つなので、間違ったコードを書いてしまったら、追加した部分を削除してください。

ファイルの更新をする前後は必ずバックアップをとってください。更新後は、ブログを確認して表示されてたら成功です。

転送の設定後にはリダイレクトチェック|SEOチェックのためのSEOのツール集でチェックしてみてくださいね。

エックスサーバーの場合は、サーバーパネルにログインして、ホームページ欄にある.htaccess編集からも編集できます。

エックスサーバーの.htaccess編集場所

.htaccess編集をクリックして、該当のドメインを選択後、下記画像の.htaccess編集をクリックして、編集してください。

.htaccess編集画面

記載の間違いがないか確認して編集を確認して保存後、ブログを確認したりしてくださいね。

WordPressの管理画面のURLの変更も必要

サーバーで変更したものは、WordPressの管理画面の設定でも変更をします。その変更場所はダッシュボードにある、設定より一般を選択した、一般設定画面にあるアドレスです。

アドレスをhttpsに変更した場合のみ変更してください。SSL通信設定をしてないなら、アドレスの変更は絶対にしてはダメ!

管理画面でもURLを変更する。

変更前はこのように、なっていますよね。

WordPress アドレス (URL) :http://domain.com
サイトアドレス (URL):http://domain.com

ssl設定を有効にしたので、httpsにアドレスがかわったので、下記のように変更します。

URLをssl通信になるhttpsに変更

WordPress アドレス (URL) :https://domain.com
サイトアドレス (URL) :https://domain.com

ちなみに、今すぐWordPressを今すぐ更新とありますが、更新前にはバックアップが必要です。エラーが出たら、頑張って作ったブログが上手く表示できない場合もあるので。

めんどうですが、データベースのバックアップをとってくださいね。

設定が終わったら下へスクロールし、変更の保存をクリック!コレをしなければ、反映されません^^

設定の変更保存

以上でアドレス変更は完了です。

ドメインのメールアドレスを作成する

ブログのドメインが付いたメールアドレスを作成するのは、ロリポップでもありますが、エックスサーバーも同様にドメインのhoge@domain.comと言うメールアドレスを作れます。

エックスサーバー:サーバーパネル画面:メールアカウント設定の場所

メールのアカウント設定から、該当ブログを選択して、メールアドレスの追加を行ってください。アカウントを作成するのにメアドとパスワードを入力してメールアカウントを追加作成を確定していきます。

※ロリポップで使ってるドメインのメールアドレスがあればそれも登録。メールアカウント一括登録から作れる。

メールアカウント『hoge@domain.com』を追加しました。

となったらメールアカウント一覧から、メインメールに転送設定すると便利ですよ。

メールの転送を設定する場所

追加するのにサーバーのアカウント設定完了のメールにかかれた、下記情報を元に作成してくださいね。

受信メール(POP)サーバー:sv****.xserver.jp
送信メール(SMTP)サーバー:sv****.xserver.jp
ユーザー名(アカウント名): メールアカウント(ドメイン名を含む)
パスワード:メールアカウント追加時にお決めいただいたパスワード

WordPressのメールアドレスを変更したい場合

メールアドレスを、上記で作ったhogehoge@domain.comなどに変更したい場合は、ダッシュボードの一般設定から、メールアドレスを変更してください。

WordPressメアドの変更場所

このように、サーバーで設定したメールアドレスを設定画面で変更後、変更の保存をクリックして反映させてください。

設定の変更保存

WordPressのログインIDにもなりますし、あなたのプロフィール・コメント・管理画面右上のマークとして画像をつかうときGravatarの設定でも使えますよ。

コメント欄の画像

管理画面のプロフィールの画像

管理画面のプロフィールの画像

WordPress管理画面、右上の画像

LINKWordPress、Gravatar登録方法!メール・アイコン画像追加、サイトアイコンとの違い

サーバーでFTPアカウント作成

エックスサーバーでは、まずFTPアカウントの追加をしなければいけません。追加するのに、サーバーのアカウント設定完了のメールにかかれたFTP情報を見て、追加します。

FTPホスト名(FTPサーバー名):sv****.xserver.jp
FTPユーザー名(FTPアカウント名):hoge
FTPパスワード:hogehoge

エックスサーバーのFTPアカウントは、サーバーIDFTPパスワードは、サーバーIDのパスワード。アカウント設定完了のメールで確認してください。

※このサーバーアカウント設定完了メールは受信メールから検索すれば、見つかりますよ。以降、確認するのに使うので、開いたままにしておきましょう。

エックスサーバーアカウント設定完了メール

サーバーパネルからFTPアカウントの作成

サーバーパネル画面:FTPアカウント作成画面

サーバーパネルのFTPより『FTPアカウント設定』を開き、『ドメイン名を選択』。FTPアカウントは、初期アカウントでもOK!※変更して使うことも可能です。

FTPアカウントの一覧には”現在、FTPアカウントはありません“となっているので、FTPアカウントの追加をクリックします。

接続先ディレクトリは、「/home/アカウント/domain.com」より下位に指定すると、ドメイン単位のFTP制限が適用されないと、面倒だから空欄に。独自ドメインのとき不要でOK!

パスワードの入力を2回してFTPアカウントの作成の確認・確定をクリックしたら、準備完了。

/home/サーバーのアカウント名/domain.com/に登録できて、WordPressがはいってるパスは、/domain.com/public_html/ココにWordPressのファイル群が入ります。

ポイント

WordPressファイル群の入ってるフォルダ

public_htmlの中に、沢山のWordPressファイル群(wp-admin・wp-content・wp-includesフォルダなど)が並びます。

wp-contentフォルダ内には、管理画面から追加できるプラグインテーマ画像が保管されてるワケです。

WordPessファイルが置いてあるのは、エックスサーバーではあなたのドメインフォルダ内にあるpublic_htmlと覚えておきましょう!

/domain.com/public_html/この階層以下にブログファイルがある

設定が終わったら、サーバーにあるWebFTPにもログインしておきましょう!

FTPソフトの設定

エラーが出たとき復元するためのバックアップをとったり、フォルダやファイルをアップするサーバーに転送するためのソフトを導入設定する方法です。

サーバーパネルへログインします。

サーバーアカウント設定が完了したとき送られてきたサーバーアカウント情報のFTP「ホスト」「ユーザー」「パスワード」を見て設定します。

その後FTPソフトとサーバーを紐づけするため、サーバーのFTP情報をFTPソフトの設定をします。ファイルジラでの導入設定方法は、下記をどうぞ。

LINKWordPressバックアップ!FileZillaのダウンロード・インストール・設定方法の手順

サーバーの引っ越しの場合、動作確認のURL設定

レンタルサーバーを引っ越してエックスサーバーに移行する場合、ブログが上手く表示されているか、動作確認をしておきたいところです。

移行前のブログと同じ表示になっているか、リダイレクトはきちんと出来ているかなどをチェックします。今動作を確認しようにも、サーバー移行前だと旧サーバーの表示しか見ることができません。

そこでPC内にあるhostファイルに追記してエックスサーバーに置いたWordPressのデータベース・データファイルがキチンと表示されるかローカルで確認します。詳しく書いたページがあるので、確認してくださいね。

LINKエックスサーバー移行前の動作確認URLを設定!ローカルでブログチェックhostsファイル記入…お手伝いページ

 DNSの設定

DNSとは、ドメインネームシステムといって、あなたがネット上で作ったdomain.comなどのドメインを登録して認証します。アドレスになる部分で俗い言うネット上の住所ですね。

DNSでドメインを登録し、WordPressのインストールでサーバー上にブログのデータを置いたので、これでネット上にブログを公開できます。

ユーザー登録情報浸透するまで、別のブラウザからみると閲覧禁止になってたり、登録が完全に浸透するまで数日かかる場合もあります。※サーバー引っ越しの場合は、旧サーバーの削除は慎重にしてくださいね。

エックスサーバーでドメインをとった場合はもう、おわってるはず。

エックスサーバーのDNS

DNS

エックスサーバーのインフォパネルにログインして、画像のドメインパネルを開きます。

ネームサーバーの変更

ドメインパネルにある右側ネームサーバーの変更よりこのように、下記情報を埋め込んで登録します。確認・確定したらOK!

ネームサーバー1: ns1.xserver.jp
ネームサーバー2: ns2.xserver.jp
ネームサーバー3: ns3.xserver.jp
ネームサーバー4: ns4.xserver.jp
ネームサーバー5: ns5.xserver.jp

引用元:エックスサーバーの【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ (試用期間)

※ムームードメインやお名前.comなどの場合、あなたがドメインの契約をした場所ネームサーバーの1から5を貼り付ければOKで次の項目をチェックしてください。

ネームサーバーがムームードメインの場合

  • ドメインの移管をせずにロリポップからエックスサーバーへ引っ越し移行したばあい。
  • キャンペーンドメインとは別のドメインのDNSサーバーを変更するとき。
  • ドメインのみムームーで取った場合。

ムームードメインでのDNS設定の処理方法を書いておきます。引っ越しの場合は、動作確認を済ませてから、DNSを設定してくださいね。

ムームードメインからエックスサーバーのDNSを登録する手順

ムームードメイン、コントロールパネルより、ドメイン操作ネームサーバー設定変更とクリックし、、該当のドメインのネームサーバ設定変更の処理をえらんでください。

ネームサーバーの設定変更画面

この画面が出てきたら、下へスクロール。

GMOペパボ以外 のネームサーバを使用する

ここにチェックをいれて、画像のようにネームサーバー1から5を埋めてください。

ネームサーバー設定変更

ネームサーバー設定変更をクリックしたら、完了です!

もし、認証に失敗したら、下記を参考にしてくださいね。※エックスサーバーの場合は、この画像の場所からDNSのセットアップを完了させます。

LINKロリポップでネームサーバー認証に失敗しましたと出た時の解決法!ムームーDNSのセットアップを完了させる手順

※DNSは以前より、Whois登録情報の確認が厳しくなっています。市区/州や住所1など正確な場所にキチンと書かないと、修正を求められます。

WHOIS情報を代理公開設定しているので、ユーザー登録情報を正確に書かないといけないからです。

私の場合、12日の猶予がありました。正確な住所を書いていても、書く場所や形式を合わせてあげることが大事なので、もしメールが届いた場合、修正してください。

その他の設定

エックスサーバー:その他、設定の確認場所

一例ですけど、mod_pagespeed設定PHP高速化設定(FastCGI化)はページの表示速度、高速化としてONにしてます。

※ドメイン追加時にあった注意書きです。元PHPの最新バージョンPHP 7.0.xでは、既に有効化されてます。アクセスが少ない場合負荷がかかってしまう場合も。。

PHP高速化設定(FastCGI化)

※プログラムの動作をFastCGI化することで、サーバー上に設置されているPHPプログラムによるCPUへの負荷を軽減し、プログラムの高速化を行う機能です。

※アクセスの少ないサイトの場合、無駄なプロセスが発生し、逆に負荷がかかってしまう場合がありますので、ご注意ください。

WordPressセキュリティ設定も確認してみるのもオススメです。またCGIツールはアクセスカウンターやメールフォームの設置も可能です。

下記をせずに、プラグインで済ますのも手で楽ですよ^^

LINKエックスサーバーでお問い合わせフォームを作成!プラグインなしで設置しメニューに置く方法

phpmyadminは、WordPressのデータベースMySQLをバックアップや復元するときの入り口です。超初心者向けページは下記。

LINKWordPressのデータベースMySQLって何?タンス?phpMyAdminログインの詳細から説明

バックアップ方法は下記ページが分かりやすいですよ。

LINKそろそろ始めよっ♪WordPressデータベースのバックアップ!エクスポート詳細設定方法を、初心者がメチャクチャわかるよう説明

※サーバー移転中の場合、次の工程もチェックを(新規の場合はスルー)

アクセス解析は、導入すればココからも解析することは可能です^^

WordPressなどブログでの設定・登録関連

エックスサーバーで行える設定の確認は以上です。

次にWordPressの初期設定

投稿設定の更新情報サービス(ping設定)・表示設定・ディスカッション・メディア・パーマリンク設定など。下記に一部触れてます。

LINK初心者向け!WordPressのバックアップ方法、記事をエクスポートする手順

サイトマップに登録して、投稿したとき自動的にGoogleやbingにお知らせするプラグインは導入してください。

運営していくと必要なプラグインは増えていくので、WordPressで運営するにあたって、最低限入れておくと良いプラグインを下記で紹介してます。

LINKWordPress初心者へ!おすすめプラグイン、最低限入れると良いもの

WordPressのテーマは決まりましたか?

テーマの設定で、アナリティクスのトラッキングID(アクセス解析するコードなど)を入力したら不要ですが、入れてないならテーマのhead内にトラッキングコードを入れます。

LINKGoogle Analyticsで解析やるよ!トラッキングコード挿入場所と自分フィルタ、設定設置時の注意点!

サーチコンソールの登録はおわりましたか?httpからhttpsに変更しても、サイトの登録・所有権の確認が必要です。

LINKサーチコンソールでサイト追加の設定方法!アナリティクスと連携・httpからhttpsでSSL対応後の行程

はじめてのWordPressはやる事が沢山あるけど、設定など全て終えたとき・記事を書いたあと・装飾の変更やカスタマイズしてファイルを編集後は、バックアップをとる!

エラーが出たら、復元する。と言った具合になります。全てをあなたが管理するので、バックアップをとる習慣は身につけてくださいね。

エックスサーバーのバックアップは泣けるほど簡単!下記をチェックして、超簡単にバックアップをとりましょう^^

LINK超簡単、エックスサーバーのバックアップ!データベースMySQL・WordPressファイルから復元をオススメ

それでは、かうたっくでした。

トップへ戻る