初心者向け説明、WordPressの復元方法

ライブ画像:WordPressの復活

WordPress初心者がブログを復活させる方法は、FTPソフトでサーバーからとったバックアップファイルからの復元、データベースの復元方法です。エラーで管理画面に入れないとき、すぐに元に戻せる方法になります。

サブドメインでバックアップとりブログを削除後、復元でどこまで復活するかテストした結果を元に、バックアップ方法を下記でまとめてます。

LINK初心者向け!WordPressのバックアップ方法、記事をエクスポートする手順

エラー原因を知りたい場合、下記をどうぞ。

LINKHTTP500内部サーバーエラー(Internal Server Error)の意味とは?

WordPress全データの復元フォルダ・ファイル単体の復元、親テーマから子テーマにアップする方法、フォルダ内ファイルの概要、初心者がわかるような内容も含めてるのでどうぞ。

スポンサーリンク

WordPressバックアップから全データを復元

サーバーからとったWordPressのバックアップファイルを、FTPソフトでアップすれば、エラーが出たブログを復活できます。

バックアップから復元するとき、最新のデータでないと(古いと)カスタマイズした記載やアップした画像、プラグインが消えてしまう場合があるので注意してください。また、サーバー側とPC側を同じ階層にすることが大事です。

WordPressが入っているフォルダは、レンタルサーバーによって階層が増えますが、wp-contentの階層を開きます。

  1. 該当ブログを開く
  2. (public_html)
  3. wp-content

FFFTPの右側、ブログを選択後wp-content

パス:/ブログ/(public_html/)wp-content

  • wp-contentを開くとpluginsthemesuploadsフォルダがある。

日頃から追加更新してる、プラグイン・テーマ・画像のデータがそこに入ってます。

wp-content内を開いた画面フォルダディレクトリを確認する。

またwp-contentと同じ階層に、.htaccessやwp-config.phpがあり、WordPressの初期化・引っ越しなどのとき、必要に応じて復元してください。

.htaccessファイルの復元

場合によってwp-config.phpを復元

これらフォルダや該当ファイルのバックアップからの復元方法をチェックしてください。

プラグインをFTPソフトで復元する手順

全プラグインを復元する方法は、pluginsフォルダのバックアップをサーバーへアップロードします。パスは下記。

/該当ブログ/(public_html/)wp-content/pluginsフォルダ

この階層へアップロードすれば、バックアップをとった時の状態に完全に復元されます。下記のように『plugins』フォルダをサーバー側へドラッグまたは、右クリックしてアップロードを選択後、上書きします。

FTPでpluginsのバックアップファイル一式、復元する方法

バックアップデータはパソコン左側だから、右側に移動させて復元させるんですね。

バックアップファイルがない場合は、後述。

該当プラグインの場所説明と復元方法

管理画面で新規追加したプラグインは、wp-content内『plugins』に保管され、開くとダッシュボードで導入したプラグインが並んでます。

plugins-

プラグインフォルダ内:インストール済みのプラグインとその中のファイル

pluginsフォルダを開き、該当プラグインをサーバーへアップロードすれば、時短でそのプラグインだけ復元できるワケです。

パスは、/該当ブログ/(public_html/)wp-content/plugins/該当プラグイン

該当プラグインを復元

LINK簡易的バックアップ!初心者用WordPressファイル内説明と、5秒で復元する方法

該当プラグインのバックアップがないときの、プラグインの復元方法

プラグインのバックアップがないのにエラーや不具合が出た場合、復元したい・旧バージョンに一時的に戻したい場合は、下記を参考にしてください。

LINKWordPressプラグイン前の旧バージョンへ戻す、2つの方法!更新でエラーが出たときの対処手順

テーマをFTPソフトで復元

テーマが入っているフォルダはthemesフォルダに導入したテーマが一式入ってます。一括で全てを復元する場合は、サーバーの下記ディレクトリ(階層)へアップロードします。

場所:/ブログ/(public_html/)wp-content/themes

FTPソフトでthemesファイル一式、復元する方法

PCに保存したバックアップ『themes』フォルダを、サーバーへアップロードさせます。

  • themesフォルダを右クリックしてアップロード、上書き

または、themesフォルダ内の該当のテーマのみアップロードするとき、themesフォルダを開いてアップロードして復元してください。アップロードする時の階層は下記

  • /ブログ/(public_html/)wp-content/themes/該当テーマ

themesフォルダ内の該当テーマフォルダを復元

画像のような階層にエラーが出たテーマをアップロードして復元してください。テーマ内のファイルのみ復元すると、もっと短時間で復元できるので、次に例をあげますね。

functions.phpファイルのみ上書きして復元

functions.phpでのエラーは、管理画面に入れないので、FTPソフトで復元すれば早いです。エラーが出た該当ファイルのみ復元すれば、短時間で復元できます。

※修正する場合はサーバーにWebFTPがあれば、復元は早いです。ロリポップサーバーFTPなど

パスは下記の通り。使用中のテーマがGush4-Childとして、functions.phpにエラーで出たら、パスは下記の通り。

  • (public_html)/wp-content/themes/Gush4-Child/functions.php

バックアップがあるときPC側の子テーマ:functions.phpをサーバーにアップロード!

左側:PC内ローカルのパスも合ってるか確認※間違って子テーマ使用中に親テーマのfunctions.phpを入れたら、絶対復活しない。

  • PC側・サーバー側のパスがあってるかキチンとシッカリ確認。
functions.php

functions.phpバックアップファイルの復元

どちらも同じテーマ(Gush4-Child)になってますね。確認できたら、ドラッグすると復元できます。やってみると、かなり早いのがわかりますよ。

header.phpをFTPソフトなどで復元

header.phpの復元方法は下記。functions.phpとおなじ階層にあります。

header.php-

header.phpバックアップファイルの復元

見出し:functions.phpファイルのみ上書きして復元と同じ作業をしてください。

どのファイルを扱うにも、右側と左側のディレクトリを確認、同じファイルを確認してからアップしましょう。ちなみにfooter.phpやsingle.phpも同じ階層にあるので、同じように作業を^^

footer.php

footer.phpバックアップファイルの復元

ポイント
  • 該当ファイルのパスをあわせる
  • 同一ディレクトリであることを確認
  • 該当ファイルを復元する
themesフォルダ内のファイル構成を知っておこう

テーマによって違いはありますが、ざっくり下記のようなつくり:構造になってます。

  • インストールしたテーマ
    • テーマのファイル、php・CSS
    • imagesフォルダ
    • jsフォルダ

themes-files-gush4

子テーマの場合はもっとシンプルですが、FTPソフトであなたのディレクトリ:階層を確認してください。エラーがでたら、階層をチェックして復元すれば戻ります^^

親テーマファイルを子テーマにアップロードする方法

親テーマのファイルを子テーマに追加してカスタマイズしたい場合もFTPソフトでできますね。

方法は同じでPC側を親テーマのディレクトリ、サーバー側を子テーマのディレクトリにすれば、親テーマファイルを子テーマにアップロードできますね!

theme

親テーマを子テーマにアップロードする手順

※functions.phpとCSSは、この方法でするとエラーが出るから、やっちゃダメ!

子テーマ自体の作り方や説明は書きリンクが解りやすいですよ!

参考WordPressテーマのカスタマイズで子テーマを使うべき理由、使い方など|寝ログ

画像の復元方法・uploadsフォルダ内部の説明

FFFTPで、uploadsバックアップファイル一式、復元する方法

メディアライブラリ内の画像を一式が入った『uploads』もアップした画像に不具合があればこうして簡単に復元できますね。

画像を格納してる場所は、wp-content内の『uploads』フォルダに保管されてるんですね。その中にまたフォルダがあり、アップロードしたファイルを年月ごとに整理する設定にしてると、年毎のフォルダ内に、月ごとのフォルダが格納されますよ。

画像ファイル内内訳

画像ファイル内内訳

※これは、ダッシュボードの設定→メディアより『メディア設定』のファイルアップロードの設定により変わります。

ワードプレス管理画面、メディア設定

バックアップをとってない時。2つの復元方法

エラーが出た箇所が分かる場合の復元方法

右側サーバーにあるfunctions.phpファイルをデスクトップに新規フォルダを作り、そのにダウンロードして保存。

  1. カスタマイズした追記を保護するためのバックアップ
  2. 今回エラーが出た:カスタマイズした箇所のみ削除する
  3. サーバーの該当箇所にアップロードする
  4. ブラウザをリロードしたら管理画面に入れます

まだエラーが出ている場合は、ほぼないですが…。他にもカスタマイズした場所がエラーを吐いてる可能性が。エラーの場所を特定してください。ブログが真っ白な場合、エラーコードを表示します。目次の1.1、もしくは1.2をどうぞ。

LINKWordPress初心者でも、真っ白になったブログを元の画面に戻せるページ!エラーコードを表示させる2つの方法♪

それでもまだ管理画面に入れない場合は、まだどこかにエラーがあります。カスタマイズした箇所を削除するとき、必要な記載まで削除したなど。その対処は下記

エラーが出た箇所が分からない場合、ファイルの初期化で対処

一気にカスタマイズをして、どのphpファイルのどの記載エラーかわからない時、復元する方法です。この場合、エラーが出たファイルのバックアップが、ムチャクチャ重要です。

沢山時間をかけて書いたカスタマイズですから。下記のphpファイルの初期化を試してください。

LINKバックアップがないのに、画面が真っ白、500 Internal Server Error!WordPress復元の対処

その後ローカル環境サブドメインのテスト環境を作って、本番環境に支障が出ないコードを貼り付けてカスタマイズの続きをしてください。

データベースMySQLのバックアップをとっている場合

データベースには記事や管理画面の設定などが保存されてます。データベースMySQLからファイルをエクスポート(出力)していれば、簡単に記事とその他の設定をインポート(入力)出来ます。

バックアップをとってる場合、下記のリンクを参考にしてください。

LINKWordPressデータベースの復元!インポート方法とテーブルデータのダンプエラー対処

インポートしたものが例えば3か月前のものなら、3か月間の記事はなくってしまいます。記事など必要なデータは、管理画面からエクスポートしておくのも良いかもしれません。

LINKWordPressデータベースのバックアップ!エクスポート詳細設定方法を、初心者向けに説明

WordPress管理画面からデータベースのみインポートしてる場合の復元

カテゴリや設定したタグ、グローバルナビや固定ページの投稿などをWordPressの記事関連をエクスポートしたデータをインポートする方法になります。管理画面のツールからインポートをクリックしてください。

WordPress記事のインポート

ファイルを選択して、『アップロードしてインポート』をクリックすると、インポートが完了します。

xmlファイルのインポート

添付ファイルのインポート

添付ファイルをダウンロードしてインポートする

  • すべてのコンテンツをエクスポートした場合

添付ファイルをダウンロードしてインポートする”にチェックを入れたら、画像ファイルも一緒にインポートできるので画像をアップロードする手間がはぶけますよ^^

WordPressのインポートでエラーが発生、アップロードしたファイルは php.ini で定義された upload_max_filesize を超過しています。と出たときの対処法

WordPressインポートエラー発生

インポートするファイル最大2MGになってる場合エクスポートしたxmlファイルの容量がそれ以上の場合、エラーが出ます。ロリポップのログインフォームよりログインして、設定の変更をしましょう!

ロリポップPHP設定の場所

サーバーの『サーバーの管理・設定』より『PHP設定』から変更します。

ロリポップ該当ブログphp.ini設定の変更場所

該当ブログの設定をクリック!

画面を下へスクロールして「■そのほか」より

php.ini-

  • 『upload_max_filesize』を20Mに変更。
  • 最後に『php.iniを設定する』をクリックして容量を変更完了!

サイズがもっと大きい場合は以下を参考にどうぞ。

LINKロリポップ!ファイルのアップロードサイズupload_max_filesizeを20M以上に設定する方法

環境によってやり方が違うでしょうから、下記を参考にどうぞ。

LINKWordPressでファイルをアップロード!サイズが大きくてエラーが出る時の対処法

その他復元で必要な管理画面での設定

サーバーのファイルと、記事関連の復元は完璧ですけどブログを削除して再設定する場合、URLが当初設定したものと違う場合があります。それだけでなくテーマのカスタマイズもping設定、プロフィールなど全て消えてしまいます。

  1. URLを設定戻す
  2. テーマのカスタマイズを設定
  3. ウィジェットなども再設定
  4. ping設定も復元
  5. プロフィール欄を記入

これらは、全て管理画面から設定できるものです。ブログのフォルダ全部を削除する前にメモやスクリーンショットでバックアップをとって復元してくださいね!詳しい設定の箇所はバックアップしておきたい箇所に書いてます♪

ゴミ箱に捨ててしまったり削除してしまった記事の復元方法

ゴミ箱に捨ててしまった記事はゴミ箱より復元するか、ローカル環境を構築してそこに過去の記事を復元後、コピペで移動させるのもありですね。画像も捨ててしまったのであれば、一度PC内に保管して、手直しがてら再度アップしなおすのが良いですね。

画像も削除済みならリンク切れを起こして表示されないから、気をつけてくださいね。

一度もデータベース・記事のバックアップをとってない

全くとった事がない場合、ダメ元ですがfeedlyで記事が残っているもの、設定より表示設定のRSS/Atom フィードでの各投稿の表示が全文になっていれば、そこから修正がてら、復元する方法とかでしょうか・・・。

  • feedlyから復元
  • ブラウザに残っているキャッシュ機能で、PCで検索してキャッシュから閲覧して保存
  • 昔の記事を見れるサイトhttps://archive.org/でURLを入力して復元…など
  • サーバーにお金をだして頼む

もっと良い方法は思いつきません><

これらは下記でも書いてますが、ヒントになる事はそれくらいですかねぇ…

LINKWordPress初心者の疑問!バックアップ・エラー対処・復元のQ&A集

さいごに

WordPressでバックアップからの復元をするのに大事なことは、サーバーのファイルの復元と、データベースの復元です。上述のほかMySQLというデータベースからの復元やプラグインでバックアップをとる方法もあります。

プラグインは便利で自動でやってくれるので、どのフォルダにどんなファイルが入ってるのか見る機会がへるので、いつまで経ってもファイル構造が解りませんよね。

プラグインは便利機能が詰まったぶん重くなるし、使わなくても簡単にバックアップがとれます。沢山いれるとプラグイン同士やテーマと競合して突然エラーが出てしまったりと不測の事態が起きてしまう可能性も普通にあるんですよね。。

LINKプラグインが競合!ブログを簡単に表示させる為の3つ対処方法

LINK302 Moved TemporarilyエラーでURLが無限ループ!原因は、WordPressのプラグインの競合だった

バックアップと復元のハードルは高いものではないんですね。誰でも簡単に出来るので自分で出来るようにしておきましょうねっ!

ではっプラグインは最小限面倒なものに使えば良いって思ってる♪かうたっくでした!

トップへ戻る