WordPressでトップページが404ページになった時の対処

WordPressでブログのトップ(フロント)ページが404になったとき、確認することを紹介します。

初めに404ページとはページが存在しないことを表すステータスコードです。サーバーのデータベースに存在しないから、サーバーは『ページがない』という意味の404番を返している状態です。

LINKヤバイ!初心者向けで凄い解るHTTPステータスコード301.403.404.500等の意味

その原因でありそうなところを、チェックしてくださいね^^

トップページが404のときの対処

スポンサーリンク

.htaceessファイルの記載がおかしい場合

404 File Not Found:エックスサーバーのエラー画面

.htaceessファイルはWordPressページの転送や閲覧規制などを行えるファイルです。レンタルサーバーの404ページなどドン!と表示された場合。

この記載がなければ、404を表示します。

.htaceessファイルを置く階層wp-adminフォルダと同じ階層

  • .htaceessが存在するか
  • HTACCESSファイル.htaccessになっているか
  • 書いてる内容があっているか
  • プラグインの設定なども404に転送してないか

などチェックしてください。その系エラーは下記ページに、初心者さんが分かるようにまとめてるのでどうぞ^^

LINK500 Internal Server Error・404 File Not Found!サーバー移行・WordPressファイルの入れ替えでエラー・原因と解決方法.htaccess編

設定のパーマリンク設定を確認

WordPressダッシュボードの設定より、パーマリンク設定をチェック・おかしくなくても変更を保存して、ページを更新・確認してください。

可能性があるかも知れないので試した。という感じです❦

フロントページの表示設定が原因か確認

トップページの記事が存在しない404ページ

ダッシュボードの設定より、以下の表示設定を確認してください。

フロントページの表示設定で『最新の投稿』を選択しているとき

ダッシュボード設定より表示設定を確認

記事をアップロードするのを忘れてませんか。または記事を追加すれば表示されるので記事を書いて公開。

サンプルページなど削除すればテーマの仕様によって404を出すか、記事が存在しないなどと表示されます。

フロントページの表示設定で『固定ページを選択』している場合

フロントページを固定ページにしているとき、キチンと固定ページが選択されているか確認します。

固定ページを選択:フロントページが選択されてない

固定ページを開いてフロントページにするページの選択が外れた(固定ページを削除したか記事の復元が出来てない)。

または固定ページで設定したファイルを子テーマなどにアップロード出来ていない。ファイルを削除してしまったから、404ページが表示されている状態です。

以下の対処を行って、トップページを更新・確認してください❦

  • 固定ページを作成して設定する。
  • または固定ページに設定したファイルがあれば現在のテーマフォルダ内にアップロード
  • 最新の投稿に変更する

さいごに

個人的にローカルで色んなテストを沢山するので、たまたま気付いた事ですが、似たような状況になったら、試してください^^

それでは、かうたっくでした❦

トップへ戻る