エックスサーバーでFTPを接続後、ファイルがない・読み込まない時の対処法

FTPがファイルを取得していない。Fileを表示させる設定

エックスサーバーでFTPソフトが接続できない、WebFTPに入ってもファイルを読み込めない事があります。その原因で考えられるものを全てと、その対処法をご紹介。

  • 接続ができない場合
  • 接続可能だけど、ファイルが読み込まない場合

WordPressでコードを書き間違えてエラーが出たとき、WebFTPから入って直すのが簡単ですが、ファイルを読み込めないと意味がありません。

とくに後者は、一通り目を通しておくと『いざエラーが出たとき』WebFTPを利用するのに役立つので、チェックしてください^^

スポンサーリンク

FTPソフトが接続できない原因

はじめに、接続ができない場合。

接続できない原因として、個人的に考えられたのは下記3つ。

  1. FTPソフトの初期設定・FTPサーバーのホスト・ユーザーアカウント・パスワードの間違い
  2. パッシブモード(PASV)での接続をしてみる
  3. お家のセキュリティが接続を邪魔している

引用元:ロリポップでFTPソフトが、サーバー情報を読み込まない原因と・解決方法

FTPソフトで出た『550 XPWD: Permission denied』などメッセージが気になる場合、上記リンクをチェックしてください。

  • うちで設置しているセキュリティの場合
  • 一時接続を停止してつながるか調べます。つながらなかった場合は、後述の3つが原因なので、順番に見て行きましょう。

FTPソフトの設定を、パッシブモード(PASV)での接続になっているか確認

ファイアウォールで困ってる時、この設定をして通信してください。

  • FFFTPのPASVモードの設定を確認方法

FFFTPのPASVモード設定

FFFTPソフトは、接続をクリック。ホスト一覧でサイトを選択したら、設定変更。ホストの設定で、拡張タブを選択。PASVモードを使うにチェック。さいごにOK

  • FileZillaのPASV設定

FileZillaのPASVモード設定

FileZillaなら、ファイルよりサイトマネージャをクリック。サイトを選択し、転送設定のタブを押す。転送モードをパッシブにして接続してください。

それでもダメな場合は、1番:FTPソフトの接続設定があっているか、試してください。順番は、可能性の高いモノから、調べてみてください。

エックスサーバー、FTPソフトの設定を確認する

エックスサーバーは、FTPアカウントの設定がまず必要です。1つとっていると、複数のブログを運営していても全て接続できます。

  • 1つのブログにFTP設定を有効にしておくと、間違い防止になりそうですがお好みで。

詳しい設定方法は、下記見出し:『サーバーでFTPアカウント作成』をどうぞ。その他の設定も書いてるので、ザッとチェックしてると、安心ですね^^

LINKエックスサーバーで新規WordPressを導入後、サーバーと管理画面でする設定

サーバーパネルのFTPアカウント設定の場所

初期設定がお済なら、サーバーパネルへログインして、FTPアカウント設定より、FTPソフトの設定をクリックし内容をFTPソフトに入力してくださいね。

  • FTPサーバー(ホスト)名
    • sv****.xserver.jp
  • ユーザー名(アカウント名)
    • hogehoge
  • パスワード パスワード
    • (サーバーパネルのパスワードと同じ値)

どうやって設定するか確認したい場合、下記をどうぞ。

LINKWordPressバックアップ、FileZillaの使い方!設定方法の手順

LINK初心者へFFFTPの導入・初期設定とそのバックアップ!困ったときの対処法

FTPを接続しても、ファイルを読み込まない原因

エックスサーバーでFTPソフトやWebFTPの接続が可能なのに、サイトのファイルを全く読み込まない。その原因は、FTPのアクセス制限の場合が多いです。

セキュリティを考えIP制限した場合、IPアドレスが違っていればファイルは読み込ません。

サーバーパネル、FTP制限設定の場所

サーバーパネルにログインして、FTP制限設定を確認してください。

エックスサーバーのFTPアクセス制限設定の確認と追加方法

FTP接続許可IPの一覧

FTP接続許可IPの一覧にあなたのIPアドレスがあります。

FTP制限設定:現在のIPアドレスが確認。許可するIPアドレスを追加

隣のタブIPの追加をクリックしたトコロに、現在のIPアドレスが確認できるのでチェックして許可するIPアドレスを追加して、追加完了させてください。

  • 設定対象は、サーバーアカウントすべてか、独自ドメイン毎。選択可能

これでFTPソフトでファイルを読み込むので、ファイルの転送が可能です!

WebFTPがファイルを全く読み込まないばあい

FTP制限設定:ファイルマネージャのIPアドレスの確認と追加を行う

FTPのアクセス制限を運営者が行ったとき、あなたのIPアドレスのみ入力したので、WebFTP経由でアクセス制限されている状態です。

  • WebFTPのIPアドレスを追加すれば、ファイルを読み込みます。

FTP制限で自分とファイルマネージャのIPを追加した状態

IPをコピペしてファイルマネージャーからのアクセスも許可してくださいね!

ルート直下に.ftpaccessができるからアクセス制限が有効になる

エックスサーバーの.ftpaccessファイルの場所

サーバーパネルからFTPのアクセス制限をおこなうと、IPを許可するためのファイル.ftpaccessファイルができます。内容は下記の通り。

IPが変わってしまったとき、ココからでも変更はできますが、面倒でなければ、なるべくサーバーパネルで変更した方が安心です^^

私の場合、すべてのブログを一括に操作させているため、この位置に。該当ブログのみ設定しているなら、そのブログの1番上の階層にできてその下層のファイルにアクセス制限をかけます。

このように、IPアドレスを追加することも可能です。が、ファイルの扱いには注意を!

ポイント
  • このファイルにサーバーパネルから追加したIPアドレスが追加される
    • このファイルがある下層、すべてアクセス制限をかける
    • 該当IP以外からのアクセスには、全てファイルが読み込まれない
  • セキュリティ的に安心^^

まだFTPソフトがうまくファイルを読み込まない場合

上記を試しても、ウマく読み込まない場合、PC側とサーバー・FTPソフトとの相性が悪い場合があります。そのときは、別のFTPソフトを使ってください。

エックスサーバーでこのような事が起きたわけではありませんが、同じ家の環境でもPCによって『あう』・『合わない』があったので。

下記リンク先の見出し:3章『FileZillaの接続方法』3.2『FileZillaの状態とは何か』で触れてます。

LINKWordPressバックアップ、FileZillaの使い方!ダウンロード・インストール・設定方法の手順

さいごに

ついWebFTPの追加を忘れ、エラーが出た時ログインしてもファイルが取得されず…。。FTPソフトを開いて、ダウンロードして『エラーの確認・修正、アップロード』をしました^^;

突然のエラーで復元の下準備をしてなかったので、結構時間がかかって…。

  • FTPにアクセス制限したら、WebFTPのIPを追加してくださいね!

またバックアップはエラーがでたとき、簡単に復元する用に、とってると安心です。エックスサーバーは簡単にバックアップができるから、便利です^^

LINK超簡単、エックスサーバーのバックアップ!データベースMySQL・WordPressファイルから復元をオススメ

たまに『ファイルが文字化け』してる場合もあり、注意も必要で^^;

WordPressをしていると、凡ミスでエラーが出ることがあるので、復元方法もチェックしてくださいね。

LINK簡易的バックアップ!初心者用WordPressファイル内説明と、5秒で復元する方法

それでは、かうたっくでした^^

トップへ戻る